« August 2012 | Main | October 2012 »

September 29, 2012

ゴミが落ちていない

20120929a


荒船湖園地 別名 農業園地?みたいな

看板があったんですけど

ちらっと見ただけで

なんて書いてあったかうろ覚え

感心したのが

ゴミが落ちていないこと

すばらしい!

きっと

地元の方々が

きれいに

清掃しているんでしょうね


誰も来ないなんて

ありえませんから。


道端に

コンビニ袋に入ったゴミ

車の中から

ポイ捨て

するんでしょうね

ひどい有様ですわ

そんな風景が普通の日本ですから。

自分の車の中はきれいにしても

ゴミはそこらじゅうに捨てている

そんな人がいかに多いことか


大型冷蔵庫を

林道わきに捨てる人に至っては

もう

人間をやめてもらうしかないw

自分さえよければ

もうそれでいい

そんな思考パターンが

現れています。

自治体だって同じ

だれも住んでいない山の上に

ゴミの最終処理場

それって

水源なのに


名水の

久留里の山奥には

ゴミ処理場

水源汚染

環境汚染

まちがいない

じゃあどうしたらいいのか?


社会に迷惑をかけないように

孤独に頑張っているのが

各地にはびこる

いわゆる

ゴミ屋敷


でも

じっとため込んでいるだけでは

いずれ限界が来る

なんとかせねば

燃やせば

地球温暖化促進

埋めれば

環境汚染


いずれ

地球は

終わる

おそかれ

はやかれ


大宇宙をさまようのか

宇宙生命体

死後さばきにあうのか

神の国は近づいたのか


まあなんでもいいや


| | Comments (2)

September 27, 2012

ビール

夜勤から帰宅して

BLOGを書きながら一杯飲んでると

「ピンポーン」

誰か来た?!


インターホンのモニターで対応すると

「宅急便でーす!」


最近は

エホバの証人も来ないから気楽だよ

あいつらもついにあきらめたなw


実家からまたビールが贈られてきた

俺の好きなプレミアムモルツだ。

いつもはメールで到着メールを送るのだが

今日はちょっと電話してみた。


母が出て

積もる話をいろいろとしてくる。


兄や弟の子供たちがどうしたこうした

おじさんやおばさんがどうなったこうなった

万力の化け物おばさんはまだ元気だ

近所の人がまた死んだ

今度いつ帰る?


どうも

恵林寺に行きたいらしい


いいよいいよ

いつでも連れて行ってやるよそのくらい。


今度の休みは台風かなあ?

そのあとは奥草津だし


まあいいや

昇仙峡の紅葉の頃でも

連れて行ってあげよう。

おやの喜ぶ顔も

あといくらも見れまいから

元気なうちに

親孝行

できるかな?


| | Comments (2)

September 25, 2012

荒船湖

20120925aa


上信越自動車道下仁田ICから、国道254号線を長野県佐久方面へ向い

下仁田市街地を通過すると、左手に道平川ダムが見えてくる。

別名 荒船湖へちょっと立ち寄りましょうか。


あまり早く内山牧場に着いても

なんだか山の上にはうっすらと朝霧のような靄(もや)がかかっていますから。

もう少しお日様が上がればすっきり晴れるでしょう、山の上の雲。


以前も一度来たことあるんですよ、荒船湖。

あの時は旅の帰り道だったかな。

夕方に立ち寄りましたが

フォルクスワーゲンのワゴン車のおじいさんがいたっけなあ。

まだ私がETCを装着していない頃

そう、あのころは無かったんだよ、バイク用ETCなんて。


「深夜割引の時間になるまでここでのんびりする」


そんなことを言ってたな、あの爺さん。


20120925ab


ダムは平成5年ころ作られたようです。

あのころはもう

日本全国

いたるところでダム建設やってました。

まるで競うようにさ!


ダムの堰堤から少し上流に行くと

園地があるんですよ。

いつ行っても誰もいないけど

駐車場や、芝生の広場や

滑り台の遊具や

あづまやや

トイレなど

こじんまりとした施設があって

草刈りなど最低限の保守はされているようです。


20120925ac

誰もいないといっても、私が行った時だけの話で

本当は

真夜中にはすごい賑わいかもしれません

鹿や猪や熊や...............。


あるいは別の世界の人たちで............。

地元のヤンキーのみなさんだとか

あの世の方々だとか

こわいこわい..............................。


20120925ad

よなよな

あの滑り台から聞こえてくる叫び声

滑り台の床にははローラーが並べられていて

かなりな速度が出そうです


誰もいないのに

ローラーが回る音がしたり

子供の陰らしきものが滑り降りて行ったり

風もないのに

風見鶏がくるくる回ったり

そんなこと

あるわけないですね


でも

熊は間違いなく出ますよ!

なんたってすぐ後ろは奥深い山ですから。


20120925ae


でも

「クマに注意」 とか

「キャンプ絶対禁止!」 とか

そういうのは一切ありませんでした。

誰も来ないから必要ないんでしょうね

その手の看板は。


ダムサイトには

ダム建設に尽力した方々の名前を彫った石碑がありました。

(こんだけしかいないの?)

これだけのダム建設でこれだけってのはないでしょう。

もしかして

この方々は

ダム建設の不慮の事故で亡くなった方?

そうかもしれませんね

大々的に慰霊碑なんか建てたら

気味悪がる人がいるから


それで

慰霊されていない事故死者の霊が

よなよな..................................................................。


まさかね

そんなことあるわけないよ。

この世に不思議なことなんて何もない!

| | Comments (0)

September 24, 2012

コスモス

20120924ab


コスモス

花言葉は

知らん!

(花言葉が『知らん!』ではなくて、私が花言葉を知らないだけです)


言葉が足りず、いつも誤解ばかり

反省していますw

百聞は一見にしかず

きれいな花は好きですか?


『一を聞いて10を言う』

そういう人は困りますw


今日はね

久しぶりに人助けができたんですよ


帰りの関越道は上里SAでの出来事。


バイクを2輪駐車スペースに停めた時


その横で

CBR250R(最新のシングルエンジン)のミラーをいじる若者


(あ、何か困っているな)

そういうのはすぐわかりますw

相手の目を見れば

すでに

哀願の目をしてるものw

「どうかしましたか?」


「実はバックミラーの取り付けねじが緩んじゃって」
「六角レンチ持っていませんか?」


(キター!)

「あったかなあ?ちょっと待ってね」
「あったあった、はい、これね」


「ありがとうございます!助かりました!!」


タイで作っているなら

ねじなんか

緩めたくたって緩まないくらい締まっているはずなのに?


中国だったら知りませんよ、ねじが入っていないかもw


なんたってあいつら

日本にはたっぷり恨みを持っているようですから

おそらく

そういう教育をずっと受けてきたんでしょう

親の世代の恨みを

そっくり受け継いでいるんだよ


やったほうはすっかり忘れても(忘れてはいないが人には言えん)


やられたほうは

未来永劫

言い伝えられているわけだ


戦時中、〇国人を『マルタ』と称して

毒ガス兵器の人体実験に使っただなんて

そんなこと子孫に言えるわけないじゃん!

だから

日本のバイクの

ねじなんか

適当に

いい加減に

締めておけばいいんだという論理になるわけで


適当:良いですね

いい加減:加減がよろしくてGOOD!

わかった!

あのバイク、いまや中国で作ってるんじゃね?

だから

振動でネジが緩んだのだ

そうに違いない、絶対間違いない!

ちなみに、バックミラーはカウリングに取り付けるタイプでした。

富山の実家に帰省して

今日、富山から横浜に戻るところだって。


六角レンチがなくて

なんだかキーか何かで一生懸命回していたけど


車載工具に入っていないの?

聞かなかったけど

聞いても無駄だったか?

「『しゃさいこうぐ』 ってなんですか?」


まさかねえ

そんなこともないでしょうけど

あったら笑えるな


なにはともあれ

人の役に立てて

俺もうれしいよ


あと

助けてもらったら お返しね。

その人でなくたっていいんですよ、おかえしは。


ねがわくば

世の中で、困っている人に出会ったら

なにか役に立ってあげてください。


それが人の道さ

| | Comments (0)

September 11, 2012

続々)高幡不動尊

20120911a


あの、新選組の方の銅像が立っていました。

この辺の出身の方だそうです。


20120911b


大日堂

天井には 【鳴り龍】 があるそうです。

襖絵などもいいとか。

月曜休館、だめでした~。

ちなみに参拝料を取られます:200円

20120911c


大日堂の横を通ってさらに奥に行こうとすると

六地蔵様がお迎えに来てくださいました。

その先は

墓場

墓地

戻ります。

20120911d


奥殿と五重塔

奥殿には

平安時代から伝わる

日本一の

不動明王様が安置されていますが

月曜日休館

ざんねーん!

拝観料は300円だそうです。

20120911e


大師堂

新しい建物で、ヒノキの香りがいい感じでした。

中には御大師様が鎮座まします。

20120911f


五重塔のてっぺんには

金色に輝く

スリップリング

ブラシはありません

20120911g


この五重塔も新しいものですね。

なんでも

安永8年の業火でほとんど焼失したらしいです。

20120911h


五重塔の地下は無料休憩所になっていました。

禁酒・禁煙です。

お札や書籍類も売っています。

自動販売機で飲み物も買えます。

エアコンが効いてて涼しいですよ。

ちょっと薄暗くて、あまりいい感じはしませんでしたけど。

(気になるものも写っています)


20120911i


さ、いかがでしたか

高幡不動尊

アジサイの咲くころも良いらしいですから

また来年6月にでも行ってみるかなあ。

お土産に

総本家 松盛堂の 元祖高幡まんじゅう を買いました。

店のおばちゃん「今日はお客さんが少なくてねえ」

          「いつもすぐに売り切れちゃう【限定まんじゅうセット】があと二つあるんですよ」
      
          「お客さんはどちらからいらしたの?」


私「川崎です」

店のおばちゃん「暑いから冷たい麦茶をどうぞ!」
          
          「私の親戚も川崎でね、あの辺もすっかり変わっちゃって」

          「駅のバス乗り場なんかも全然わからなくて困ったわよ」


私「昔から比べたらずいぶん変わりましたよね」
 
  「私が川崎に出てきた昭和53年ごろなんか、怖いくらいの川崎でしたからねえ」


私「ああ、麦茶が冷たくておいしいです、ありがとうございます」

 「それじゃー限定まんじゅうセットを一つください」


店のおばちゃん「ありがとうございますー」


何かもらったらただでは帰れませんからねえ

佐渡の両津港のお土産屋さんもそうでした

冷たいお茶をごちそうになって

佐渡わかめやお菓子類を買ってあげたものですわ。


もらったらおかえし

やられたらしかえし

当然です

おしまい


| | Comments (0)

September 10, 2012

続)高幡不動尊

20120910d


会社帰りだったので、ナビも地図も持ってませーん。

でも、大体の勘(会社でインターネットの地図を見ましたから)で走ります。

府中街道から川崎街道を行けばいいんだね。

聖蹟桜ヶ丘あたりまでは土地勘あり!

その先ですか、高幡不動尊。

多摩モノレール?の下をくぐったら

でかい楼塔伽藍が見えてきました。

(あ、あれだな)


川崎の自宅からちょうど30kmですよ。


まだ少し日差しが強くて暑いですけど

もう空気は夏から秋に変わった感じですね。

そんなに苦にならない暑さです。


(さて、駐車場はあるのかな?)

まさかこれだけのお寺で駐車場もないなんてありえないでしょー。

(あ、あれだな)

なぜか警察車両が何台も止まっていますね、高幡不動の駐車場。

勤務時間に参拝ですか? あ、警備!なるほどー。


ここは自動車の交通安全のお祓いをするところみたいですけど

黄色い線の場所以外が参詣者の駐車場になっているようです。

バイクで来るお客さんは少ないのかバイク置場は特にありません。

(まあいいや、自動車用のスペースにとめれば)


20120910e


まづは 【仁王門】 をくぐって中に入りましょう。

これは室町時代に建てられた門で、重要文化財だそうです。

仁王様もいるでよ


その奥に不動堂がありますが

残念ながら屋根の修理で全体がシートで覆われていて見えません。

中には入れますからちょっと 【不動明王様】 にご挨拶していきますかねー。


20120910f


いらっしゃいました!

さすが関東三大不動尊の一つ、高幡不動尊様

でかい!

こちらは 【身代わり本尊】 らしいです。

朱塗りの木造だそうです。

本物は奥の奥殿に安置してあるようです。


本物は鋳造仏で、1000年以上の歴史あるものらしいですが

今日は月曜日なんで拝観はお休みとのこと。

あ~あ、こんなんばっかし.............................................。


まあいいや、身代わり本尊様にお参りいたしましょう。

ナ~ム~


お不動様の両脇に子供がいますねw

なにしてるのかな?

右が 【こんがら童子】

左が 【せいたか童子】  

だそうです。

そういえば

高尾山にもいましたね

【なんとか童子】 がいっぱい!

前の職場にいた岡君にそっくりな童子を見つけた時は笑いました。

つづく


| | Comments (0)

高幡不動尊

今日は夜勤明け休みです。

昨晩は 「今日に備えて寝る!」 がテーマでしたw

寝たと言っても、良質の睡眠ではありませんけど。

まあいいや、出かけようw

会社帰り

すき家で 『トン汁納豆鮭定食』 をいただきました。

道中、時々

ウィンカーをリセットし忘れたり、

やはり本調子ではありませんが行ってみましょう。


今日の目標は

『高幡不動尊』

我が家から30km位の圏内です。

時間的には1時間くらい。

あんまり遠くても疲れますからね。

一般道ばかりだと余計疲れます、夜勤明けですから。


某オートバイ雑誌で

【気分がスカッとする場所】

として読者からの投稿で候補に挙がった場所です。


ビーナスラインだとか

志賀草津道路だとか

伊豆スカイラインだとか

乗鞍スカイラインだとか

万座ハイウェイだとか

榛名山道路だとか

飛騨せせらぎ街道だとか

表富士周遊道路だとか

やまなみハイウェイだとか

横浪三里だとか

大山蒜山道路だとか

三方五湖レインボーラインだとか

千里浜ドライブウェイだとか

寒風山道路だとか

海峡ラインだとか

大佐渡スカイラインだとか

魚沼スカイラインだとか

指宿スカイラインだとか

鳥海山ブルーラインだとか

太平洋シーサイドラインだとか

サロベツロードだとか

枚挙にいとまがない

日本の美しい道

そんな中で


【高幡不動尊】ですか!?

名前は聞いたことあるけど

行ったことはない


どこにあるの?

え、日野市!東京都の。

なにやら

関東の

三大不動尊に数えられる古刹らしい

こりゃーいかなきゃなるまい。

| | Comments (0)

September 06, 2012

続)館山湾

20120906a


夜勤初日は無事終了しました。

帰りはN君のスーパーカーに乗せてもらって

駐輪場まで行くんですけどね

車窓から吹き込む風はもう

すっかり

秋と言えば

コスモス街道

コスモスの花は今でも咲いていますか

このところ海ばっかりだったので

次は山へ!

内山牧場のコスモスは咲いただろうか?

妙高高原のコスモスはどうか?

曼珠沙華


どこかいいところ、ありますか?

| | Comments (0)

September 05, 2012

館山湾

20120905a


薄暗い塹壕の写真ばかりではいけませんね。


バイクに乗ってばかりだとつまらない

たまには渚を歩いてみますか

誰もいない海

あ、誰かいますね、一人だけw


遠くに大房岬が見えます


湾内には船が停泊しています


自衛艦や海上保安部の船もいます

砂浜には貝やごみが打ち上げられています


牡蠣の殻も落ちています

まさか牡蠣の養殖はやっていませんから

誰か海鮮バーベキューでもやったのでしょう

波静かな 晩夏の海


| | Comments (0)

September 04, 2012

続続)赤山地下壕

20120904a


ずいぶん長いこと地下壕をさまよっているような気がします。

(いつになたら終わるんだ、この地下壕.....................................)

やがて


自然の光らしき光明が見えてきた!

(やっと出られたか.............)


いや

出られない

そこは金網のフェンスで閉じられているのだ

(なんで?)

金網の向こうは

墓地らしい

ぞっとした!


また元の出入り口に引き返すためのターニングポイントがここなのだ

来た道と同じなんじゃつまらない

別のルートで行こう。

20120904b


似たような風景だが

空気が微妙に違う


20120904c


壁に耳あり 障子にメアリー

壁の穴

パスタ

あの穴の向こうはどうなっているのかカメラを向けてみた。


20120904d


通常の処理では暗くてわからないが

画像処理で暗部を明るくしてみると

壁の向こうにも部屋がある

もうすこしで開通という時に

なんでやめたのか

何があったのか

それはだれもしらない

20120904e


ようやく見覚えのある狭い通路に出た。

何とか無事生還できたのか俺

安心すると同時にもう一回行きたくなった

何度見ても同じだ

穴があるだけだ

引き返して何かを見てしまったら後悔するし

あのとき 素直に帰っていれば こんなことには.............

なんてね


20120904f


自然の光がまぶしい

また暑い日差しの中へ出るのかと思うと憂鬱だ

ずーっとここにいたい気もするが

そうもしていられない

意を決して

横井さんや小野田さんのように

「はずかしながら出てまいりました!」

20120904g


地上に満ちる夏の日差し(もう夏も終わりですが)

蝉しぐれ

蒸し暑い空気

光り輝く緑の大地

プールの子供たちの歓声


そんな地上の風景を

安心して受け止めた


(ああ、よかった。戦国時代じゃなくって)


20120904h


城山公園の、館山城天守閣跡に登って

光あふれる館山湾の風景をあきるまで眺めていた

20120904i


いつの日にかまた来てみたいな

房総半島 館山

おしまい


| | Comments (2)

September 03, 2012

続)赤山地下壕

 ※写真はクリックすると大きくなります。
   大きな画面でお楽しみください。


20120903e


入り口はこんな感じ

壁はコンクリートを吹き付けてある感じですね

ひんやりとした風が奥から流れてきます


よくよく観察すると

全体的に薄い霧みたいなのが漂っている

なんだろう?


そうか、湿度の高い外気が入ってきて

中の冷たい空気と接触して霧が発生しているのだね

【トンネルの中の霧】

あれは北海道の十勝から日高に抜ける

天馬街道の 野塚トンネルだったな、たしか


日高山脈の奥深く

永久凍土の中をぶち抜いて作った野塚トンネル

そこは夏でも氷が張りそうなくらい寒いトンネルだ


そこへ

太平洋からの湿った暖かい風が流れ込んで

トンネルの中で霧になる


霧で前がよく見えない

(まさかこんな中、自転車や人はいないよな...........)

居たら怖い

轢いてしまうかも

自転車や徒歩の人はもっと怖い!

轢かれてしまうかも

赤山地下壕は

そこまで寒くないし霧も濃くない

車は通らないから

轢かれる心配もない

20120903f


突き当りを左に曲がると

いよいよそれらしい地下壕になる

急に通路が狭くなるのだ

まあこれは、敵が攻めてきたとき

ひとりづつしか通れないようにして

順番にやっつけるための仕掛けだな、たぶん。

20120903g


壁も掘った当時のまま

何か尖ったもので削ったような跡が無数についている。

地質は、海底の砂や泥が堆積して隆起湾曲したような感じで

削れば簡単にサクサク削れそうな壁だ。

これなら割合簡単に掘れそうだな

掘りませんけど

20120903h


壕内は

公開通路のほかに

縦横無尽に穴が掘られている。


間違って

非公開の

行ってはいけない通路に迷い込んだら

恐ろしい【仕掛け】が待っているに違いない

だから

行ってはいけないのだ


20120903i


行ってはいけない通路

その先に何があるのか誰も知らない

照明も何もないが

暗い穴の奥底はどこまでも続いている

何かに呼び寄せられるように

暗闇の向こうへ行きたくなる

行ったら最後

戻ることはできない

帰ってくることはできない

だから行ってはいけない

20120903j


地下壕の壁

地層がとても鮮やかだ

この辺は何年前のものだろう

アンモナイトとか、中には居ないのか?

ダイナマイトとか残っていたら怖いな


20120903k

白い層や黒い層、いったいこの時何があったというのか

ここは本当に白黒はっきりしている

どちらも砂が固まったような地層だ。


砂の層の下に

硬い岩盤の層があると

境目に地下水がたまって砂の層が浮き上がり

大規模な崩落 【深層崩壊】 を起こすのだが

ここはそのような地層ではなさそうだな。

20120903l


今日は月曜日、今は午前10時ころだろうか

こうして暗闇の中、誰もいない空間に置き去りにされると

なんだか怖くなる

誰もいないはずの坑道の奥

白い服を着た髪の長い女性が写真に写ったらどうしよう

ダッシュで逃げても、四つんばいで追いつかれてしまうかも


先週TVでやっていた【怖い映像100連発】なんか

見るんじゃなかった

インターネット上に氾濫する夏の定番、【稲川順二の怖い話】なんか

見るんじゃなかった


霊はトンネルの中を好むとか言ってたな、あの霊能者。

まさにここだよ!


20120903m


うわ!なんだこりゃ~

まるでタイムトンネルだな

あの坑道の向こうは、戦国時代に違いない

血だらけになった鎧武者が出てきたらどうしよう

それはおそらく、里見家の家臣に違いない

もしかしたら苗字に【犬】の一字がつく者かも。


もう

頭の中は

戦国自衛隊と

八犬伝と

リングが

ごちゃごちゃだー


このままでは危ない


つづく


| | Comments (0)

赤山地下壕

朝7時半、川崎の自宅を出て、東京湾アクアライン経由富津館山道の終点富浦まで来ました。

道中、

アクアラインの料金所で

黒のNC700XがETCゲートを封鎖していました!

どうせETCカードを入れ忘れたんだろう。

よくあることでございますw

今朝は保田の【ばんや】には立ち寄りません。

それでも腹は減りますから。

(あ、あそこで食べよう)

ハイウェイオアシス富楽里

漁協直営の海鮮和食堂【網納屋】があります。

20120903c


まだ10時前なんで、メニューは2つだけ。

焼き魚か刺身かどっちかです。

まあ800円ですから、安いものです。

腹いっぱいになったところで、一気に行きましょう、赤山地下壕。


20120903b


ここで受付して200円払って、ヘルメットと懐中電灯を借りて地下壕へ突入します。

受付のおばさん:「お客さんは山梨県の方ですか?」

私:「出身は山梨です」

「雨宮さんって、私の知り合いも山梨県の方ですのよ、オーホホホ!」

「それはどうも」


20120903d


さあ、行きますよ!

| | Comments (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »