« February 2009 | Main | April 2009 »

March 29, 2009

丹沢大山

20090329a


秦野の弘法山駐車場から見た丹沢大山です。

ヤビツ峠辺りは雨かな?雲の中でした。

ここは私のお気に入りの場所、何度か来ています。

駐車場からは、弘法山、権現山、ともに山頂へ10分ほどで登れます。


弘法山からは湘南の風景が一望できます。

江ノ島や三浦半島の風景まで見渡せます。


権現山からは富士山や丹沢の山並みや秦野の町が一望。

眺めが良いです。


駐車場横の『木里館(もくりかん)』のジンギスカンもいいね。

丹沢蕎麦も美味しい。


片道40km弱のショートツーリングです。

次は晴れた日に、大山詣で、いきたいです。

20090329d


| | Comments (0)

March 16, 2009

積載量

20090316a


高尾山口駅横、ガード下駐輪場です。
何だか、神社の境内の隅っこですね。
まあ留められるならどこでも良いけど。

さあ、登山用装備に着替えてと!
登山用装備って言ったって、オーバーズボンを脱いで
バイク用ジャケットを冬用から春用に着替えるだけですけど。

さて困った、脱いだ服をしまう場所が無い。
こんなときはリアBOXが欲しくなりますね。
仕方ない、シートの上に置いておこう。

まあ雨もフランだろう。
誰も持ってイカンだろう。

持って行かれたら悲惨です、帰りが寒くて(身も心も)。
正規の値段で買えば全部で4万円以上しますから。

山から下りてきて、参道でお土産に饅頭とせんべいを買った。
職場の部下のY君に食べさせてやるんだ。

「え!いいんですか?全部食べちゃいますよ~」って、
いつも嬉しそうに食べるから、買った甲斐があるというものだ。

買ったはいいけど、積む場所が無い!
シートバックは登山用のジャケットを入れたらいっぱい。
あ~あ、こんなときはエアロデザインがうらめしいぜ。

高速道路を走るのに、ビニール袋をぶらぶらさせるわけにもイカン。
仕方ない登山用ジャケットは着たままバイク用ジャケットを着よう。

なんたってXOサイズですから着るのは楽々デス。
でも、暑くてたまりません、春の陽気がうらめしいです。

やっぱりリアBOXが必要だな、Xにも。
リバーサイドに行ってリアキャリアを買わなきゃ。
i 用のキャリアだったら栗山輪業経由でエンデュランスから買えるが
X用のも買えるのかなあ?

今度聞いてみるか。

| | Comments (0)

March 15, 2009

マイクロロン

20090315a


タイカブWave145X用に
最高級エンジン保護剤 【マイクロロン】を買いました。
最高級だけあって値段も最高級?です。
8オンス(約237cc)缶が6300円でした。

さあ、一気にどぼどぼっと入れて終わりだ!

と思ったら、大分違いマスねえ。

まず、さらさらの液体なんですよこれが。
有機溶剤に溶かしてあるんだな、なにかの成分が。
こんなの一気に規定量(8オンス)も入れたらたまりません。
エンジンオイルが希釈されて焼きついちゃうよ。

マイクロロンを入れたら焼きついた!
なんて事にもなりかねません。
混合比はオイル1リットル当たり、最大80ccまでです。

タイカブはエンジンオイル0.8Lくらい。
一度に入れられるのは60cc位が限度だな。
8オンス全部入るには5回に分けて入れなければならない。

一回入れたら、すぐ30kmは走れって!?
そうか、溶剤を揮発させるんだね、30km走って。
これで1/5のマイクロロンが入ったことになる。
ひとまず30km、走ってきましたよ。

計量&注入用の容器も付属していました。
まあ6300円だからね、このくらい入ってても良いだろう。

買う前は、とろろみたいなツルツルの油なんじゃないか?
って思っていたんですよ、マイクロロン。
だからクラッチが滑らないか凄く心配でした。

まさに【案ずるより生むが易し】、そういうことか。
さて、あと4回、明日また入れてどこか走りに行こう。


| | Comments (0)

March 14, 2009

烏合の衆

20090314a

カラスがたくさん集まってがやがやと騒ぐだけのように、
ただ数ばかり多い群衆。規律もなければ、
統一されてもいない人々の集団の意から、
転じて、未熟でまとまりのない、
まったくだらしない無統制の軍隊をいう。
【by国語辞典】

これはカラスではないですね、ウミウかな?
【鵜合の衆】とでも申しましょうか、海鵜。

実は私、こっちだと思っていました、【鵜合の衆】だと。
実はカラスが正しいんですね、【烏合の衆】。

よく調べもしないで【鵜呑み】してしまいますから。
【鵜の目鷹の目】でよく調べないとダメですね。

【漁夫の利】に出てくるのはシギ(鷸)だそうです。

| | Comments (0)

March 06, 2009

あの書家

相田みつをさんですか。

よく見かけるんですよ、書を。

いかにもそれらしいお言葉の【書】を。

一体どんな人?

あ、もう死んじゃったんだ。

鬼籍の人なんだね。

インターネットで調べれば、出るわ出るわ。

「あの言葉に感動した」とか

「あの言葉に助けられた」とか

そんなんばっかですわ。


おまえらなあ もっと気合入れて生きんかい!

そんなん迎合して 何の意味があるんだい。

自分の道は自分で開く


俺も もう少し字が上手だったらなあ

「小学生なみの字だ」って言われましたから。

そのあと、ペン習字とかやったんですよ。

ひらがなまではなんとかクリアしたんですけどね。

漢字はもうめんどっくさくて。

いまではひらがなはなんとか見られるレベルになっているはず。


下手でも良い 丁寧に書け

そうなんですよ、今でも速く書こうとするとダメ。

字が綺麗な人にあこがれます。

| | Comments (2)

March 05, 2009

丹沢湖

20090305a


ロックフィルダムってのは、やはり地味ですね。
それが目的でもあるのですが、自然に溶け込む風景を目指して。
御母衣ダムも確かロックフィルだった気がします。
有間ダムや広瀬湖もそうだったな。

派手さでは、やはり黒四ダムに代表されるアーチ型ダムかな。

で、やんばダムはどんな形式にするのかな?
あんなの必要でないのに、もう後戻りは出来ないのかな?
行くも地獄 戻るも地獄 お前ら皆地獄行きだ~。

ダム周辺はキャンプ可能にしてもらいたいな。
しなくても良いけど、勝手にキャンプしますから。

殉職者の慰霊碑は怖いので建てないでください。
死んだ人には何の供養にもなりません。
恨みが残るだけです。

| | Comments (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »