« September 2008 | Main | November 2008 »

October 31, 2008

変なバイクを見た

T135_main


昨日の出勤時、新川崎駅前の跨線橋で妙なバイクを見た。

一見、「Wave?」と思ったが、カラーリングが違う、あんなの無いよ。
おまけに走り去る後姿!軽二輪(250ccクラス)のナンバーだ!?
まさか、あれが伝説の145ccWave?

気になる、気になりすぎる

CB1300だったから追いつくのはわけも無い、赤子の手をひねるようなものだ。

ぴったりと後方確保。
戦闘機なら、いつでも撃墜できるポジションだ。

なんじゃこりゃ?

リアサスはモノショックタイプ。
ナンバーはまさに軽二輪。
サイドカバーにはYAMAHAの文字!

そうか、YAMAHAのタイカブだな。

さらに近づいて信号待ちでじっくりと見る私。
オーナーも気がついたようだ、「気持ち悪いヤツ」って(笑)

ん?135??135cc???

な、なんて中途半端な排気量なんだ!

でもそれで納得できた軽二輪ナンバー。
こ、これなら高速も乗れるじゃないか、すばらしい。

よし!帰ったらネットで調べてみよう。


帰りはまた残業で23時30分ころ帰宅。
ビールを呑みながら「ヤマハ 135」で検索したら、あっさりとヒット!
おお!店のステッカーも一緒だ、ジェネシス。

そうか、この店で売ってるんだ。
YAMAHAの東南アジア戦略車 スポーティモペット「T135」

このバイク、水冷なんだね。
メーターは180km/hまである(負けた!Waveは160km/hまで)。
そして135cc。

何だか最近はこんなバイクが気になるようになってしまいました。
どう考えても昔だったら気にもしないジャンル、変態、へそまがり。

貴方も一台乗ってみる?新たな世界が開けるかもしれませんよ。

値段はWavei 125より安い 289000円。
さあ貴方もコレで街のヒーロー!間違いない。

| | Comments (3)

October 27, 2008

Wave125X

Main_big_right_blue

エンデュランスさんのHPで、ドレスアップパーツを探していましたら
お、これもカッコイイな!と思えるタイカブがありました。

Wave125X

i125のような曲線カーブから一転、直線基調のデザインです。
エンジンはキャブレター方式みたいですね。
スポーツタイプと銘打っているだけあって、PGM-FIは使っていません。

Main_big_left_blue

おお!これはフルカバーチェーンケースではない。
さすがスポーツ車、メンテナンスもお手軽で軽快だ!
(個人的にはフルカバーのほうがチェーンが汚れなくて好きだが)

スピードメーターも前輪からワイヤーで取り出しているようだ。

Wave125x_meter

あいかわらず160km/hまであるスピードメーター。
せいぜい出ても100km/hまでですよ。
ギアポジションランプはホント便利です。

色はやっぱり青がいいな。
なんか、デザインのYAMAHAっぽい色使いがGood!
これに乗れば、貴方も街のヒーロー!ヒロイン!疲労回復間違いない。

おまけにこれは安い!30万円しないもの。
Hさん、これ買わないかなあ。
そしたらタイカブ3台で房総暴走ツーリングだぜ。

おれももう1台、ストックとして買おうか(笑)
(そうなったらもう、タイカブバカ一代だな)

| | Comments (2)

October 25, 2008

G10

CanonのコンパクトカメラパワーショットG9を使っています。

あれ、新しいのが出たようですね。

その名も G10!

カメラっぽいデザインが気に入って買ったG9ですが、G10もいいね。

でもなー、余り変わりないと思うんですけど、デジカメなんてなんだって。

だいたいいつもオートで撮ってるし。

HPに貼る小さな写真じゃ大差ないよ。

28mmの広角を搭載したのは評価できます。

ってゆうかぁ、最初っから搭載して欲しかった、G9にも。

もう買いませんけどね、カメラらしいデジカメ。

次はコンパクトなヤツだな、買うとしたら。

ノモチャンが買ったみたいな防水機能の付いたヤツ。

デジカメオンラインで安く売ってましたけど、青色。

でも俺はシルバーが欲しいんだよね。

どこかで安く売っていないかな?シルバーのヤツ。

| | Comments (0)

October 21, 2008

戦争の遺物?

20081021a

房総の野島崎灯台に上って周囲を眺めていて気になる建物がありました。
周りは雑草に囲まれて、いかにも使っていない施設らしいけど。
海辺に一体なんの建物だったのか?

なにやらでかい煙突みたいなものがあるが、あそこから毒ガス攻撃を仕掛ける?
大東亜戦争の遺物にしてはしっかりしているし。

あ~、気になる。

それで、灯台の受付のおばちゃんに聞いてみました。

「あの建物はいったいなんですか?教えてください」

「あ~、あれねぇ」
「あれは霧笛ですよ」
「海がしけて灯台の光が見えなくなったとき、あそこから大ーきな音を出すんですよ」

「あ、霧笛でしたか、なるほど~」

「ちょっと前まで使ってたんですけどね」
「今じゃGPSの時代でしょ」
「いつの間にか使われなくなってしまってねぇ」


霧笛と言えば襟裳岬で、うるさい思いをした事が昨日の事のように思い出されます。
野島崎灯台にも有ったんだ、霧笛。

「きりぶえ」じゃないよ!

む・て・き

今時の若いもんは霧笛なんてしらんだろう(笑)

| | Comments (2)

October 20, 2008

キリスト看板

20081020a

今回も見つけました、キリスト看板。

これを読んで私もひらめいた!

【キリストは あなたをGETする】

どうですかこれ、没かな。

20081020b_2


| | Comments (0)

October 16, 2008

16番目の月

20081016a

昨日の満月は部長懇談会でお流れになりました。
仕方なく、16番目の月でお月見しようと、早帰りした私です。

ああ、まだ月は出ていないな。
立待月、呑み待ち月、風流です。
ぁ、すっかり忘れた月見、あ~あ、あんなに高く上がってしまいました。

ビルの谷間から昇る月を眺めたかったのに。
地平線付近の月は大きく見えて好きです。
色もオレンジがかっていい感じ。

こんな日は、新井由美さんの【14番目の月】を聞きながら16番目の月を愛でる。
きっと、カリフォルニアの二兎さんも同じ気持ちに違いない、間違いない!

花鳥風月を愛でる、風流な心を持ち続けたいものです。
晩秋の満月にかんぱーい。


| | Comments (2)

October 14, 2008

滝沢ダムとループ橋

20081013a


バイク雑誌でもたまに見かける滝沢ダムのループ橋を走ってきました。
プロの写真家の撮ったものから見たらいまいちですが、雰囲気はつかめるでしょう。
ダムの手前でぐるり宙を舞うように1回転しています。

山を削ったり穴を開けたりしなくていいから、自然に優しい工事で道を作れるかな。
将来、科学技術がもっと発展して、【ワープ橋】 なんて出来たらいい?な。

基本構造は簡単です。

橋のこっちとあっちに
【分子化装置(インバーター)】と【物質化復元装置(コンバーター)】を設けます。
車と人間を瞬時に分子レベルの粒子に分解して、それを対岸に転送して
元通りに復元するだけです。

この技術は分子の転送技術が確立したら実用化のめどが立ちますが、
実はまだ秘密の重大問題があります。

それは「人の心」。

最悪、転送後、同乗者同士の心と体が入れ替わってしまう可能性があるのです。
車内にハエなどいますと、対岸で気がついたら「ハエになっていた」という事にも
なりかねません。

あなたの周りで 【犬食い】 している人はいませんか?
たぶんその人には犬の心が入ってしまったと思います。
そのようなときは 「あ、転送失敗だな」 と思ってください。


人の心はわかりません、一体何を考えているやら(笑)
これをどうやって制御するかが課題なのです。

| | Comments (2)

October 12, 2008

秋のツーリング

明日晴れたらここへ行ってみます。

はれたらいいな。

| | Comments (0)

October 09, 2008

根本海岸といえば

20081009a
バイクや4駆が入れなくなって静かな根本海岸です。
砂の丘に緑も増えてきました。
いまや砂の上に足跡もありません、さみしい海岸です。


「19940219.jpg」をダウンロード
そう、あの時(1994年の白浜ミーティング)はこの人も来てくれたね。
この前の年の夏、北海道に行くフェリーで知り合った人です。
ダメモトで誘ったら来てくれた!すごくうれしかったです。
やっぱりバイク仲間は良いよ、最高だね。

| | Comments (2)

October 08, 2008

野島崎と根本海岸


館山自動車道を全線制覇すべく、CBでひとっ走り行ってきました。
野島崎灯台は何回か行ったけれど、灯台に上がったのは初めてでした。
なかなかよかったです。


帰りに、なつかしの根本海岸に立ち寄りました。
昔、RJさんたちと春先キャンプしたものでしたね。
あのころの景色がそのまま残っていますが、いまやキャンプ禁止です。
お手軽にツーリングキャンプできる場所だったのに残念です。

帰りは金谷から久里浜に東京湾フェリーで渡ろうかと思っていましたが、
ゆっくりしすぎて夕方からの呑み会に間に合わない恐れがあるんで
高速最短お大尽コース(来た道)になりました。

次回は、【野島崎を山から見下ろせる展望台制覇と東京湾フェリーの旅】
というようなものを考えています。
日帰りで十分楽しめますからね、お昼は野島崎辺りで海鮮料理をいただきます。
沈む夕日を眺めながらの東京湾クルージングなんて、旅情をかきたてるものがありますね。
誰か一緒に行きます?といってもまた一人だな。

【旅のデータ】

東京湾アクアライン : 2400円
館山自動車道 {アクアライン出口~富浦(終点)} : 1450円
野島崎灯台拝観料 : 200円

        

| | Comments (2)

« September 2008 | Main | November 2008 »