« March 2007 | Main | May 2007 »

April 28, 2007

’70年代のポップス

世間はGWだが私は2日だけ、つまらん。

さて今日はまた、お気に入りの【ポップス・スペシャルCD】を作ろう。

今日作るCDのメニューは、

 1.SEASONS    : EARTH&FIRE
 2.勝利への賛歌   : ジョーン・バエス
 3.天使のささやき   : スリー・ディグリーズ
 4.ある愛の詩     : アンディー・ウィリアムス
 5.裏切り者のテー マ : オージェイズ
 6・さすらいのギター  : ベンチャーズ
 7.雨のフィーリング  : フォーチュンズ  
 8.カミング・ホーム  : グレン・キャンベル
 9・幸せの朝      : クリフ・リチャード
10.コール・ミー     : ブロンディ
11.朝日の当たる家  : アニマルズ
12・悲しみのソレアード : ダニエル・センタクルツ・アンサンブル
13.初恋大作戦     : シスター・スレッジ
14.想い出のサマーブリーズ : シールズ&クロブク
15.ジャスト・ワン・ルック : リンダ・ロンシュタット
16.虹を綴って       : マイケル・フランクス
17.至上の愛       : ジュディ・コリンズ
18.キープ・ミー・ハンギングオン:バスラ・ファジ
19.ダンス・ウィズ・ミー : オーリンズ
20.ビューティフル・サンデー  : ダニエル・ブーン
21.セクシー・バスストップ   : Dr・ドラゴン&オリエンタルバンド
22.オー・シャンゼリゼ : ダニエル・ビダル
23.雨にぬれても        : B・J・トーマス

コレでCD1枚(700MB)ちょうどくらいだな。
それじゃあ焼くか!と思ったらもうCD-Rが品切れだ。

仕方ない、買いに行くか!

自転車に乗って木月4丁目のPCDEPOTへいきました。
春風の心地よい暖かな日和で、きもちいい!

CD-R20枚組み970円、安い、1枚50円弱だ。

店を出て驚いた!

一転にわかに掻き曇り、すごいことになりそうな雲行きなのだ。
早くもポツポツと、大粒の雨が落ちてくる。

ピカ!ゴロゴロ!ドッカ~ン!

恐いよこれは、超近い落雷だ。
仕方ない濡れて帰ろう、2kmくらいだからすぐ着くさ。

頭の中で、井上揚水の『夕立』が流れている。

しばらく自転車を走らせれば、温かい空気が突然冷たい空気に変わる瞬間!

「あれ!?」

見上げた空には、黒い雲と白い雲の境目、そうかここが境界なんだな。
冷たい空気に変わった後は本当に寒い。
先ほどの陽気がうそみたいだ。

ビッショリになってやっとわがマンションに帰宅。

夕立というにはまだ早い時間、空の水が全部落ちてくる。

洗濯物は全部ぬれている。

いったいなんてこったい。

まあいいさ、買ってきたCD-Rに曲を書き込んで、
また一つ、珠玉のCDの出来上がりだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2007

きたきた

20070423a
先日受けたフォークリフトの技能講習終了証が来ました。
コレで晴れてフォークリフターだよ俺も。
しかしあれだね、社員教育には会社は相当力を入れているんだよね。
俺なんて3年に1度運転するjかどうか、そんな頻度なのに。

X線や3冷や、クレーンやボイラーや危険物や、その他なんでも(というわけではないが)
申請すればエントリーさせてくれる、ありがたい会社だ。
私達従業員も会社の期待に応えるべく、日々努力しているわけである。

しかし、近頃ちょっと気になる事がある。

社員のレベルに応じて、ある程度クリアしておかねばならぬ通信教育がある。
半ば強制的にやらされるのだが、そんなに難しいもんじゃない。
エントリーしたらみんな合格するようなものだ。

我々がやってた頃は、合格しなくて自腹を切る(卒業できなければ自分でお金を払う)
ような人はいなかったのに、今はちょっと違うようなのだ。

なんだか少しづつ意識が変わってきているのか?
お金さえ払えばいいだろうぐらいにしか思っていないのか?
出来なければ恥ずかしいというようなプライドはないのか?
管理職の側にも問題があるのか?

いまのわかいもんはまったく...............


そうか、そういうことか!

いまもむかしもなにもかわってはいないんだ

変わったのは俺たちのほうだ

まったくコレだから、としよりは嫌われるんだな

いまの若い人たちは我々の時代と違って負荷が大きいのさ。
従業員だって昔の半分以下、昔の2倍以上の仕事が待っているもの。

昔と今じゃ事情が違うんですよ

いまとむかしはかわった

♪世の中 変わっているんだよ♪

 ♪人の心も 変わるのさ♪


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2007

新緑の雪景色

こんどの休みは箱根の新緑でも見に行くかぁ

なんてひそかに思っていたんですけどね。
昨日の新聞見たら雪景色じゃないですか!
大涌谷の駐車場で雪かきしている写真でした。

結構積もったな

4月の雪ったら思い出すのが大山蒜山。
あれはもう5月だったよなたしか。
20070421b

隠岐の帰り道、境港から岡山に抜ける途中で雪に降られました。
「なんで5月に雪なんだ~」とか叫びながら走ってましたから。

そのあとたどり着いた湯原温泉の露天風呂で一息ついてと。
あそこは良かったな~!辛い走りの後だったから余計極楽気分さ。
またいきたいな~、湯原温泉。

20070421a

愛と光をすべての人に

閑話休題

箱根行きは取りやめました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 15, 2007

松岡君を囲む会

20070415a
昔々、そうあれは今からもう20年近く前、
同じ職場で働いていた松岡君。
彼は当時SUZUKIのRG250γに乗っていたんだ。
歳は俺より4歳ほど年下の後輩で、一緒に伊豆に走りに行って民宿に泊まっては
伊勢海老なんか食った想い出がある。

会社を辞めて九州に帰った彼はいま、食品などの包装機械メーカーの営業部長だ。
仕事柄、世界中を駆け巡っているらしい、超忙しいやつなのだ。

しばらく音信普通だったのだが、北海道のまっちゃんから秘密情報が流れてきたわけで。
ヤツが仕事で北海道に行ってて、幌延のまっちゃんと連絡を取ったらしい。
メールアドレスさえわかればもうこっちのものさ。

コレでこんど九州に行ったとき、
日向第一ホテルに泊まらなくてもタダで寝泊りできるぜ(笑)。
こっちだっていつでもOKさ、ただで泊めてやるからな(布団は無いけどな)。

その彼が千葉の松戸に単身赴任してきたのが、たしか去年の春だったか。
あれから1年、いまだ再会の予定は無かったのだが、ふとしたきっかけで
再会の宴をもようすることになった。

制御部の部長さんとの懇親会の酒席で、いつも鍵を借りに行ってる職場のU君から
「松岡が来たら私も誘ってください」って言われたんだよね。
U君は彼と会社の同期入社、わざわざそんなこと言うなんて
きっと仲が良かったのだろうな。

それじゃ~ひとはだぬぐか

ってなわけで、さっそく彼にメールで「今年こそこそやるよ!」って花見の誘いをかける。
さすが営業部長!返事の早いこと。コレでなきゃだめだな営業人ってのは。
U君なんかなかなか返事が来ないもの(コレには困った)、まあ彼も忙しいから許すが。

なかなか私も交代勤務で都合をあわせるのが大変で、「また口だけかい」、
そう思われてきた頃ようやく日取りが決まった。
もう花は散ってしまおうかという4月の春の宵、それも平日だ!
次の日はみんな仕事だ!嫌ならくるな(笑)

バイク仲間であり彼の同期生でもあるN君とN君も誘って5人で『囲む会』は催された。
1次会は川崎市役所通り生け簀居酒屋大松で19時から。
何しろ彼は松戸から来るんだから、時間かかるし。

私は当日はお休み、夕方ゆっくりお出かけだ。

店の前には10分前位に到着。
店の前にN君が待ってたんだけど最初気が付かなかった。
いつものバイクに乗る格好じゃなくって背広姿なんだもの(頭も薄くなってるし)。
N君ももうJFE関連会社の係長だからな、少しは貫禄つけてきたかな。

2人で店に入って皆を待つことしばし

次に来たのが松岡君

久しぶりだ、直接会うのは20年ぶり近くなるだろう。
髪の毛に白いものが混じってきてはいるが相変わらずって感じだな。

続いてやってきたのがU君。

そしてツーリングでも飲み会でも、まともに来たためしの無いN君はいまだ来ない。
まあ、あいつが俺より早く来てたらかえって気持ち悪いよ、なにかありそうで。

全員揃ってやっと飲み始めて、十数年ぶりのミーティングは楽しく盛り上がった。
さあ、俺のおごりでもう一軒行こう!これから千葉の松戸に帰らねばならぬM君を引き止めて。

積もる話もあるから歓談できる静かなところで軽く飲みながら今回のミーティングは終了。
(写真は2次会にて)
アゼリアの入り口まで彼を見送って、別れ際には固い握手を交わしてお別れだ。
「気をつけて帰れよ~、またやろうな~」って。

その後「せっかく会ったんだからもう少しやろうか」って、
いつも遅刻で、おかねのないN君が言うから
仕方なくもう一人のN君と3人でキャバクラに行った。

※その後の話はまたの機会にね!


翌日、宴会写真が営業部長から送られてきた。
さすがだ、やることにそつが無い!ありがとう。
さてこれはどうしたものか........。
中には見るに堪えないものもある(ヒドスギル)。

全部見たい方、連絡ください。
1枚3MBですからね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 12, 2007

フォークの旅

氷取沢のY君は新しい仕事にも大分慣れてきたみたいだ。
毎日フォークリフトに乗ってお仕事しているらしい。
おれも先日技能講習を終了したから話はわかるよ。

この資格は死ぬまで有効、なめネコの免許証と一緒だ。
更新もないし、失くしたら再発行してくれる。
そして、積載荷重は無制限!どんなおおきなフォークリフトでも運転できるのだ。

昨日も冗談で「フォークリフトを買っていっしょに旅に出よう」なんてメールが来た。

そういえばフォークって、自分で買ったらいくらくらいする物なのか?

旅に出るとしたらやっぱりガソリンエンジンでないとダメだな。
公道仕様にするには保安部品も付けないと。
積載荷重は1.5tくらいのヤツでいいや、出来たらオートマがいいな。
そうすると道路運行上は小型特殊自動車のカテゴリーに入るかな。
(1500cc以上のエンジンだと大型特殊自動車)

小松のインターネットサイトでザッと見積もったら300万円くらいかな。
もちろん、誰が乗ったか判らないような中古車は最初っから買う気はない。
フォークリフトと畳は新しいほどいいのだ。

で、公道でやってはいけない事が3つある。

ひと~つ 人の世の生き血をすする(ももたろうかぞえうた)
      じゃなくって、フォークに荷を乗せて走ってはいけない。

ふた~つ 二目と見られぬ悪行三昧(しつこい)
      牽引してはいけない

み~っつ 作業灯を点灯させてはいけない

まあ荷物はカウンターウェイトのとこらへんに乗せればいいか。
その他は問題ないさ、ツーリング。

免許は小型特殊、普通車や自動二輪免許があればOK!

しかし最大の問題は最高速度だ。

何km/hだと思います?

最高で15km/hなんですよ。

コレじゃ下手したら電動3輪車のじじババにも抜かれかねません。
まあやつらには負けないでしょうが、道路を走っていたらかなりな迷惑だ。

時には後ろから、意地悪に思いっきりあおられてしまいそう。
そんなときは、信号待ちなんかで停まったとき、
小回りを利かせてそいつの横に回りこむ。

そして車輪の間にフォークを差し込んで思いっきりリフトアップ!
そして橋の欄干越しに一気に川へ捨ててしまいましょう。

コレでもう誰も、あおってくるやつはいないぜ。

でもあれだね、普通車をリフトアップさせるんだったら3tは欲しいところだ、積載荷重。
下手したら自分がひっくり返ってしまいかねないからな。

そうすると値段も高くなるし、悩むところです。
まあ500万円くらいまでなら買ってもいいけど、Y君と相談してみようか...........。

そういえばいままで、いろんな旅人に出会ってきた。

小型特殊って言えば、テーラーで旅する人もいたな。

リアカーを引く人もいた。

ローラーブレードを履いたやつとか(屋久島で出逢った赤田君、どうしてるかな)。

考えてみたらママチャリなんて、まだまだまともな旅の手段だな。

フォークで旅するヤツには、いまだかつて会ったためしなし。

べつにあいたくもないが(笑)

思いがけない旅の手段、あなたはなにかご存知か?


| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 08, 2007

遠野物語

時刻表の地図を 指でなぞってゆくと

心のアルバムにしまってた 懐かしい駅に着く

最後の夏だから 思い出だけが欲しかった

人を傷つけても それを想い出にした


遠野の町に 白い日記を

ボストンバックにつめてきた僕に

むかしむかしのおとぎ話で ページを埋めてくれた君

明日は帰るという 月夜の晩の福泉寺

好きだとくちづけた すすきの野辺よ


またいつかあえるかしらと そう言って君は泣いた

きっと迎えに来るよと そう言って僕は黙った

駅までの道を 青いりんご かじった

やけに酸っぱい味が 今でも心にしみている


遠野の町を自転車に乗り 涼んだ笛吹峠

この町が好きと 言った君の目は 仔馬のように澄んでいた

あの町に帰りたい

あの頃をやり直したい

今でも残っているだろうか

古い曲がり屋よ

【飛行船】 の 『遠野物語』 の歌詞なんですけどね、あんべちゃん。

なんともいいですねえ、旅先での出会い、そして別れ。
わたしもそんな思い出がいくつかあったかな~(笑)

ラジオから流れてきた曲をMD録音して、何度もリピートで聞いていました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2007

当たった!

20070402a_1
4月1日、会社から帰ってきたら玄関のドアに宅配の不在連絡票。
さて、こんどはな~に?

「当たった!」

アサヒスーパードライご愛飲感謝キャンペーン事務局から
アサヒスーパードライオリジナル
薄づくり泡立ちグラス(300ml×2個) + 
鮮度直送アサヒスーパードライ(350ml缶×2本)

が送られてきたのだった。

懸賞の類にはほとんど興味がない私だが(当たったためしがない)
毎日飲んでると、缶に貼ってあるシールが気になって。

6缶紙パックの裏に応募ハガキも印刷されているし。
ダメモトで送ってみる気になったわけで。

シール6枚で一口、ハガキ1枚で2口まで貼れる。
まあ毎日2枚は貼れるから、一月で60枚(10口)だな。

残念ながら応募ハガキには50円切手を貼らねばならぬ。
10枚出して500円の出費だ。

1枚も当たらなかったらもう、絶対アサヒは買わんけんね(笑)。

そうすると必然的にアサヒの缶ビールの類を買うことになるわけで。
発泡酒の「ぐび生」にもこのシールが張ってあるのはどうゆうこと?
スーパードライでなくてもいいんだね、アサヒのビール類なら。


アサヒのたくらみにまんまとハマるわたし。

せっせと呑んで、

せっせと缶からシールを剥ぎ取ってハガキに貼って、

道中シールがはがれないようにセロハンテープを買ってきて
上から張ってはがれ防止して、

目立つように赤いボールペンで住所を書いて、

あとは願いをこめて投函して、

果報を寝ながら待つのみ。


そして昨日果報がきて、本日品物が再配達されてきた。

いいね、このグラス!

広口の薄肉成型グラス。

グラス内面にはサンドブラスト加工が施され、
そこにビールを注ぐとクリーミーなきめ細かい泡立ち。

そして同梱されてきた作り立てのスーパードライ。


10口も出したからには、まだ当たるかもしれないな。

でも同じ人にいくつも当たるのは不公平だし、外れた人はかわいそう。
まあ、その辺はしっかり管理している事だろうが。

願わくば 一人でも多くの人に当たらん事を!


【余禄】
 
子供の頃、【果報】 を 【家宝】 と思ってた私は、

なんで【家宝】は寝て待たねばならんのだろうか?

【東大もと暮らし】ってどういう意味なんだろうか?

そんな疑問で心の中はいっぱいいっぱいでした(笑え)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春の旅人宴会

きたる 4月21日(土)

あの 【レストアキング】 が USAのカリフォルニアから川崎にやってくる。

目的は 『ソルトレイク最速プロジェクト』 の立ち上げ会議だ。

ライダーはもう決まっている。

もちろん!命知らずの 【ようちゃん】 だ。


メカニックが 謎のアメリカン 【Mr.Kiriyama】。

マネージャーは資産家の【八王子のHさん】。

そして監督が この俺だ (高笑い)

旅人宴会に参加ご希望の方は、寝袋を持ってわがアジトに来てくれ。

参加費用は 無料ですからご遠慮なく!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »