« February 2006 | Main | April 2006 »

March 26, 2006

ETC

20060326
有料道路の料金所通過時、お金の支払いは誠にめんどうくさい。
空いているときは手前の路肩に止まって小銭を用意して突入。

混んでいるときはそのまま列の最後に並んで、じわじわ進む列の
止まったタイミングで手袋を脱いだり、財布を出だしたり、こまめなアクションが
必要となる。小銭がないときは1万円札だ。お釣を確認して出発、時間が掛かる。

ああ、バイクにもETC装置が出来ないかなあ。出来たら即装着だよ。
昨日も第三京浜保土ヶ谷料金所のETCゲートはガラガラ、一般ゲートは長蛇の列。

4輪でもまだまだいるんだね、ETC未装着車(便利なのにねえ)。
たまにしか使わないんじゃもったいないかな、ETC装置取り付け。

少し前、JRのスイカみたいにタッチしてGO!なカード方式が
試行されたみたいだけれど、あれじゃ結局止まらねばならぬ。
止まってカードを取り出してタッチしなければならぬ、面倒くさい。

技術的に出来ないのか、はたまたやる気が無いのか。
早く二輪版ETC(止まるのはダメだからな)を導入してくれ~。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 15, 2006

キャンペーン終了

20060315
本日を以って、セブンイレブンのポイントシールキャンペーンが
終わった。
今回はがんばったな、スヌーピーボウルが11個だ。
ポイントにすると330ポイント、1ポイント100円とすると3万3千円分なのだ。

これからもお世話になります、セブンイレブンさんよ。
八王子の、ヨイドレーダー(デイトレーダーではない)のHさんも言ってたけれど、
これから7&iは伸びるって!
れっきとした実業だしね、7&iホールディングス。

私も投資しちゃおうかなあ、ヨイドレーダー。
優良企業に投資して、そのおこぼれ頂戴。

ちなみに今日の夕刊によると、4450円だそうです、株価。
100万円で224株買って、10円上がったら2240円の儲けだな。
でも今日は10円下がっているから2240円の損なのだ。

ヨイドレーダーのHさん、一体いくらで買ったのか?
気になるところです。

しかし、こんなことで一喜一憂しているようじゃ人間おしまいだな。
もっとほかにやる事があるだろう、自分を磨く事が。
あんな、人の褌で相撲をとるようなハゲタカファンドの真似などしたくもなし。

コンビニや外食産業は強いね。
わが鉄鋼は、今はたまたま良いけれど、いずれは海外に押されてダメになる。
せいぜい今のうちに美味しいところをいただいておこう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 13, 2006

クール宅急便

20060313
朝9時前、クロネコヤマトの宅急便が来た。
「クール宅急便で~す」

一体なんだろう?
ああ、わかった、実家からだ。

「要らないって言ってるのに......、まったく............. 」

段ボール箱を開けると、なんだか色々入っているぞ。

イチゴ:1パック
いよかん:6玉
カニ缶詰:3缶
スライスハム:1パック
納豆:3パック
キムチ:1瓶
小梅干:1パック
カップヌードル:2個
味付け海苔:1パック
インスタント味噌汁:3食入り×3袋
農協ライス:2パック
無洗米:2kg

イチゴのパックが入っていたのには驚いた。
よく潰れずにここまで来たな。
早いとこ食べないと、すぐ痛むから。
あとはまあ大丈夫だろう。

しかしまあこまごまと、どこでも買える物を送ってきたものだ。
有って困るものでもないからまいっか。
無洗米って、炊いたことないけど、本当に洗わなくても良いの?
農協ライスは、いわば無水米だな、レンジで温めるだけだもの。

私のWEB日記を見て、先日来の体調不良を心配して送ってきたものだろう。
体調が悪いのに買い物に行くのも大変だろうという親心、ありがたいことではある。

でもね、山梨の実家と違って、ここは川崎、買い物だってすぐそこさ。
「いらないからね!」って言ったのに、余計な心配ばかりして困ったものだ。

まあいいさ、親の気の済むようにしてくれ、もう何も言うまい。
願わくば遺産もたっぷりと(笑)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 12, 2006

上野焼

20060312
遠州七窯の一つ、上野焼(あがのやき)。
1600年、細川忠興候が小倉入城まもなく築かれたとの事。
kirari兄弟のお気に入りらしい。

焼き物は私も嫌いじゃない、焼肉なんか大好きだ。
それで、私にも上野焼をくれるというのだ。

どんな形が良いかって?
もちろんビールを飲むための器、広口型かな。
素焼きだと泡が出すぎるので、内側も上薬を塗ったもの。
容量は350mL程度が良いだろう。

適当に注文をつけたらそのように作ってくれるとの事。
ありがたいことである。

そして昨日、待望の上野焼が到着した。

なんとも味わい深き色合い。
玄界灘の荒波を思わせるようなうねり模様が美しい。

さっそく器にビールを注いでみる。
350mL缶の中身がそっくり入ったよ。

手に持った時の、いかにも手作り風の重厚な質感がGOOD!
泡立ちすぎる事も無く、程よい感じだ。

2つもいただいちゃって申し訳ない。
大切に使わせてもらおう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »