« November 2005 | Main | January 2006 »

December 24, 2005

出せない郵便

会社への出勤途上。

ラルクアンシエルの録画テープとDVDの入った袋を投函しようとしたら
郵便ポストの入り口で閊えちゃった。

「え!まじかい」

ほかの大きそうなポストでも試みてみたが、軒並みブロックされた。

今日は祝日、郵便局の窓口もやっていない。
月曜日に窓口で受け付けてもらったんじゃ早くたって水曜日だよ、
広島に到着するのは。

これじゃ「おそいんじゃけんのう」とか言われそうだ。
さて困った、もう切手も400円分貼っちゃったし。
仕方ない、切手が無駄になるけど宅急便で送ろう。


会社帰り。

近所のセブンイレブンで宅急便の手配。

店員「これだったらメール便で送れるかも知れません」
   「少し安くなりますから、サイズを測ってみましょう」
   「あっ、だめだ」

やっぱり厚くて規格はずれになってしまった、メール便。
厚さは5cmくらいまでかな?コの字型ゲージ。

結局また送料800円弱払ってしまった私。

店員「切手はどうしましょうか?」

そう、郵便切手が貼ってある宅急便なんて聞いたことないよなぁ。
これじゃSさんの娘さんに笑われちゃうなあ

「なに、コノ人?」

何で宅急便に郵便切手が貼ってあるのか?
この表面的事象から、そのバックグラウンドを読み解く。
物事は何でも奥が深いんだよ、隠れた真実を掘り起こせ!

「宅急便も、切手貼らなきゃ届かないと思ったんじゃないの、ゲハハハ」

笑うやつは笑え。

はたまた

「こ、これは!..............」
「郵便で出そうと思ったが出せなかったのだな」
「しかし、なんで?」
「郵便局が無かったのか?」
「切手を貼った後で、宅急便のほうが早いと思ったのか?」
「謎だ.............」

あまり考えるな

まさかポストに入らないからあきらめたとは思わないだろう。

ただ、一刻も早く届けたいという気持ちを汲み取ってくれたら嬉しいな。
お礼に広島の美味しい日本酒でも貰えたら最高だ!
でも、まさかこれを読んでもいまい。

店員「日曜日の午後には届きますから、お預かりします」
   「あっ、すみません、大雪で少し遅れるかもしれませんが」

私 「いいよいいよ、それじゃあよろしくお願いします」

なんだかんだ、ようやく肩の荷が下りた思いです。
普段お荷物なんか何にもない私ですから、たまにはいいさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2005

ラルクアンシエル

先日、会社で使っているEメールアドレスに懐かしい方からメールをいただいた。
今から約20年前、尼崎の鉄鋼短期大学に行ってたとき知り合った方。

会社は同じなんだけど、その方は福山地区の方なのだ。
社内のメールアドレス検索で探してメールをくれたらしい。

さて用件は一体なんだろう?
一回目は本人の確認メール、次は近況報告メール。
そして3回目に本題が来たよ。

何でも、お子様がラルクアンシエルのファンで、TVでアジアライブの録画を放送
するらしいんだけど、テレビ朝日の福山地区ではその番組は放送されないらしいのだ。

それで関東の知り合いに白羽の矢が立った!
その白羽の矢にぐさりと刺さったわけだ、私が。

ラルクアンシエルなんて知らないけれど、まあそういうことなら一肌脱ごうか、
お子様のため。

DVDでもVHSテープでもどちらでもいいって。
したら、うざいコマーシャルをカットしてDVDに編集して送ってやるか。
この手の作業はなれたもの、朝飯前だ。

ついでにVHSテープでの録画もやっておこう。
DVDが再生できない可能性も有るからね。

番組は夜中の1時から2時辺りまでの1時間番組。
予約録画機能で対応、無事録画終了していた。
最近はまったくVHS録画していないのでちゃんと録画できたか不安ではあったが。

パソコン録画のほうは、朝起きて早速編集作業に取り掛かる。
といっても、コマーシャルをカットするだけだから10分もかからない。

近所のコンビニに行ってDVD-RWを買ってきて書き込み開始。
こちらは30分近く掛かったな、書き込み完了までに。

仕上がったテープとDVDを袋に入れて宛名を書いて。
重量は約400g(過剰包装)、定形外普通郵便で390円だ。

さて、切手も貼ったし、後は会社に行く途中投函するだけさ。

広島県だから、到着には2,3日掛かるだろうな。
Eメールでは、お金の事は気にするなといっておきながら、
はたしてVHSテープとDVD-RWメディアが何に化けるか、楽しみだな~。

気分は、わらしべ長者!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 21, 2005

陰暦11月20日

毎日の夜勤で、晴れ渡った空に月がまぶしく輝いていました。
夜勤の初日は出かける前に月が昇ったのに、最終日は仕事が始まる頃。

何で毎日月の出の時刻が違うのか?
バイク通勤しながらふと考えた。

確か月は30日で地球を一回りしてるんだったよなぁ。

そうすると360°÷30日=12°/日
1日12°づつ移動している計算だ。

12°ずれたぶんだけ月の出の時刻も変わるのだよな。

地球は24時間で一回転している。
地球が12°回るに要する時間は
12°÷360°×24時間×60分=47.9分

私の理論で行くと1日約48分ずつずれる計算になるが
実際にはどのくらい違うのだろう?

今度実証してみよう。
やるなら旧暦の15日、満月の晩がいいだろう。
時間的にも夕方だし、まだ呑んでいないから(笑)

月の出を持って呑み始める

ああ、なんと風流なんだろう、俺。
いや待てよ、天気が悪かったら呑めないじゃないか(苦笑)
早く出て来い池の鯉

しかし月の呼び名って、なんと優雅なんだろう。

【寝待月】がすきだな、個人的には。
寝ながら月を待つ、ものぐさな私にこそふさわしい。

【立待月】なんてのはせわしくていけない。


二日月
 (ふつかづき) 陰暦の2日
三日月
 (みかづき) 陰暦の3日
上弦の月
 (じょうげんのつき) 真夜中に弓の弦を
十日夜
 (とおかんや) 陰暦の10月10日の夜
十三夜
 (じゅうさんや) 陰暦の毎月13日の月
十五夜
 (じゅうごや) 陰暦の毎月15日の月
十六夜
 (いざよい) 陰暦の16日の月
立待月
 (たちまちづき) 陰暦17日の月
居待月
 (いまちづき) 陰暦18日の月
寝待月
 (ねまちづき) 陰暦19日の月
更待月
 (ふけまちづき) 陰暦20日の月
下弦の月
 (かげんのつき) 陰暦の22~23日にのぼってくる月
二十六夜
 (にじゅうろくやのつき) 陰暦の26日の細い月

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 16, 2005

12月の満月

20051216

午後五時。

すっかり暗くなった北東の空から昇る満月をみた。

都会の街の灯りの向こうから大きな月。

地平のあたりでは黄色みを帯びた月。
波長の短い波は大気のため減衰して黄色いんだね。

こんなとき、夜景が綺麗に撮れてズーム機能のあるデジカメが
欲しいんだよな~、イメージ通りに写真を撮るためには。

しばらく前から、時々オートフォーカスが効かなくなっちゃう異常が
発生してたけど、今日もダメだ。
どうも寒いときにダメになるようなのだ。

こんな特は懐で温めて.................、ほら復活した(笑)。

デジカメを紹介しようと思ったがデジカメで撮るわけにいかない。
(一台しか持っていないからね)
仕方ないので洗面所の鏡に映して撮ろう。

鏡の向こうに変なおじさんがいるけど気にするな(笑)

| | Comments (10) | TrackBack (0)

December 13, 2005

WEBツララ

遠くに行けないからライブカメラで我慢!

どれ、最近iMACの新型を買ってご満悦のまっちゃんは元気か?
いよいよ本格的な冬の到来だね、幌延町も。

一日の推移で、画面上のツララが成長する姿に感動した(笑)
川崎も寒いけれど、今朝は4度、帰りは9度。

今日はなんだか雪でも降りそうな空模様でした。

あの、雪が降っているときの静けさがすきです。
シンシンと積もる雪。
空間を伝播する振動が雪で減衰しちゃうんだろうな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 01, 2005

運転免許更新

5年ぶりに自動車運転免許の更新に行って来た。
場所は川崎警察署、5年間違反歴のない私には即日交付してくれる。

しかし簡単になったものだな、更新手続き。
面倒な書類は代書屋さんに作ってもらったものだが
今やそんなものは要らない。免許更新通知葉書と免許証、
あとは収入印紙2800円があればOK。

でも11月10日が誕生日で12月10日が更新期限。
気が重くて腰が重かった。

それは、視力が衰えてきて適性検査(視力)で引っ掛るんじゃないか、
そう思っていたから憂鬱だったのだ。まあ考えていても仕方ない、
ダメだったらメガネを作るだけさ、とにかく行ってみよう。

川崎警察署は新川橋から日進町に引っ越した。
様子はわからないがバイクを留める場所くらい有るだろう。

更新手続きは午前8時半からやっている。
夜勤帰りに立ち寄るにはいい時間だ。

さてどこだ?
あった有った、新しい川崎警察署。

駐車スペースはまあ有るが、駐輪スペースは少なく、自転車で一杯だよ。
仕方ない、4輪の駐車スペースに置いておくとしようか(混んでもいないし)。

警察署の駐車場でバイクをいたづらするような腐った根性の奴もいまい。

しかし立派な建物だな、新しい警察署。
おっ、なんだか警官が一杯いるぞ!(当たり前だが)
たたけば埃の出る体、緊張するぜ(笑)


さて更新窓口はどこだ?

有ったあった、運転免許更新手続き窓口。
玄関を入って左の突き当たりの一角がそれらしい。
視力検査機が鎮座ましましているもの。

受付には目つきの鋭い(気がする)おばさん2人。
私服だが婦警さんかな(冗談は通じそうにないな~)。

葉書を差し出すと

「収入印紙2800円分を安全協会で買ってきてください」

おお、いきなり、早速、来たよ来たよ安全協会。
警察の天下り組織、癒着の構図、安全協会。

受付で場所を教えてもらって警察署を後にする。
距離で100mもないだろう、安全協会。
弁当屋の角を曲がった路地裏の、パチンコ景品引換所みたいな場所だ。

違うのは、景品を換金するのではなく、
お金を、景品(安全運転テキスト)と引き換えるところ。
こんな路地裏にあること自体、癒着の後ろめたさを現しているよ。

ここもおばさんが2人、更新に来た客にテキストと収入印紙を売りつけている。
ちょっと意外だったのは「安全協会に加入しませんか」の文句が無かった事。

まさか有無を言わせず加入させているんではないだろうな?
そのお金もすでに含まれているのでは?
やつらのやりそうな手口だ、うそつきは警官の始まり。

まあ冗談はともかく、収入印紙とテキストをGETして警察署に戻る。

書類には住所氏名電話番号を記入して収入印紙を貼るだけ、簡単だ。
書類を提出したらいよいよ問題のの視力検査だ。
思わず手に汗握る(笑)

「はい、そこから覗いて円の切れ目の方向を言って下さい」

「はい!」
逆らってはいけない、印象をよくして、方向を間違っても
おまけしてもらわねばならないのだから。

片方づつ検査開始。

いきなり間違えた。

「違います」
厳しいお言葉が飛ぶ。

でもすこししたら見えてきた。
次は反対の目だ。
最初は見難い。

なんとかクリア。

次は両目だ。
円も一回り小さくなったような気がする。
まったく判らない。

「わかりません」

「これはどうですか?」

「右!かなぁ」

「違います、下ではないですかぁ?」

「そうそう、下でした」

その後も適当に言ったら当たっちゃって合格。
まあ、なんとなく見えているからいいだろう、合格でも。

「それでは講習会場に行って講義を受けてください」

「ありがとうございました」
難関を突破して気分も楽になった。

会場(といっても建物の一角に椅子を並べて、TVモニターが置いてあるだけのものだが)
には先客2名、ガラガラだ。
講師のおじさんもこれじゃ張り合いがないな。

講師のおじさん、いかにも警察OBな方。
警官生活ウン十年!そんな雰囲気だ。
「お前らのような奴らがいるから事故が減らないんだ」
きっとそんな思いでやってきたんだろう。

ここでも逆らってはいけない。
講師の先生様の許可が無ければ退席させてもらえないのだから。
ひたすらうなずいて、印象をよくしておかなければ。

話を聞いてVTRを観て、20分ほどで開放された。
やれやれもう出来たのかい、新しい免許証。

写真は先ほどその場で撮影してもらったのだが、
渡された免許証の写真、髪の毛が立ったままだった(笑)

人に見せるようなものじゃないからまいっか。
かえって本人らしくていいや、そのまんまで。

次の更新は...........、平成22年!またずいぶん先だなあ。
5年後はもう50代だぞ、今度こそメガネ無しには通らないだろう。

そういえば、指を折り曲げたりする確認はやらなかったな。
なにか問題があったのかな?いまどきの世論はうるさいから。


腕立て伏せ100回なんて有ったら絶対ダメだな、今の俺。

会場は警察署の柔道場。

恐い婦警さんがカウンター片手に、
「い~ち」
「に~い」
................

「さんじゅうご~、まだまだぁ~!」

「も、もうだめですぅ」

「はい!免許取り消しぃ!」

こんな適正試験があったら自動車も減るのだが。

新しい免許証を受け取るとき、隣ではおじいちゃんが深視力の検査中。
大型免許を持っているんだね!深視力検査するのは。
俺もあれは自信ないよ、よくわからんもんね。

「はやい!」

「遅い!」

厳しい、受付のおばさんの容赦ない声が............。

そのおじいちゃんの後姿に、将来の私を見た思いだった。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »