« July 2005 | Main | September 2005 »

August 29, 2005

韓国のお金

won
9年前に買った食堂セットの値段を調べるべく

ダイニングボードの引き出しの領収書を探していた。

有った、あった、島忠の領収書。


9万5千円だったのか。

もっと高かったような気がしたが、記憶はあいまいなものだね。


おや?なにやら変な封筒から500円玉?がこぼれだしてきた。

ずっしりと重い封筒、なんだっけ これ?

床に中身を全部ぶちまけて思い出した。

これは500円玉じゃないよ、500ウォン玉だ~!(冷汗)。

怪しい封筒は韓国の朝興銀行の封筒、中には紙幣が4枚、硬貨が27枚。

8年位前、出張で行った韓国で両替したっきり、そのまま帰国しちゃったんだった。

いくらあるか数えてみよう


おお!2万5090ウォンもありました。

円だったら嬉しいが、ウォンなら嬉しさ十分の一だよ、2500円くらいかな。

すっかり忘れていた韓国のお金。

いつかもっとウォン高になったら、円に換金しようか。

それまでまた、引き出しの中で眠っていてくれ、韓国の虎の子ちゃん。


いつかまた韓国に行く機会があるかもしれない。

しかしもうパスポートは期限切れだし、行く事もないかな外国。


でも、南カリフォルニアの桐山御殿には一度行かねばならぬなあ。

BSAが完成したら、お祝いを持っていこうかな。

何が良いかなあ、お祝い。

おしゃれなタンクバックなんか似合いそうな雰囲気。

タンクはやっぱり真っ赤が良いなあ

(人のバイクに口を出す)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 24, 2005

信州銘菓

先日奥様の実家に帰省した中村君からお土産をいただいた。

先月からまたやっているセブンイレブンのポイントシールを
いつもあげているから、そのお返しだね(もう5皿分はあげたかな)。
小さなお子様がいる彼にあげれば喜ばれる。

私は別に、ディズニーキャラクターの皿やコップはいらない。
たまたま、コンビニ生活ですぐたまっちゃうだけさ。
9月はコップだったな、またシール援助しよう。


さて今日はお休み、腹が減ったので、中村君からいただいた
お菓子を食べてみよう。

【信州限定 チーズおかき 野沢菜わさび味】

箱を開けたら、一個ずつパックされ16個ずつ袋分けされたチーズおかき。
さて一つ食べてみよう。

「あれ?」

チーズおかきって、真ん中のくぼみにチーズが乗ったもの。
そのチーズクリームがくぼみから全部流れ出してビニールパックの
底に溜まっているではないか。

慎重におかきを取り出してみると、チーズクリームはほぼ全量
袋の中にとどまっている。

【チーズおかき】は、見事にただの【おかき】になっていたのだった。
袋の底のチーズを搾り出して食べてみたがあまり美味いものでもない。

おかきとチーズを一緒に食べたときにこそ、食感+風味がハーモニーして
独特の味を醸し出すのだ。

そんなおかきを食べながら思った。
「一旦別れてしまった同士がまたくっつこうとしても、もう元には戻らないよ」


箱には注意書きが有った。
【チーズクリームは高温になると、その油成分が溶け出しそれが冷えて固まると
白くなる事があります。風味は劣りますが、召し上がっても体に差し障りありません】

まさにそのとおりだね、風味が劣るんだよ。
でも溶けて流失するから○○℃以下で保温してください!ってのも追記したほうが
良いのではないか?

その辺、どうなんだい?ブルボンさんよ。
ホームページもあるみたいだから、消費者の声も届くかな?
http://www.bourbon.co.jp/

クレームをつけてもう一箱只でもらおうなんて、そんなさもしい考えはないが
夏だたらありがちな事故だと思うけどね。

企業の姿勢を質して見ませう。

と思ってブルボンのHPを見たらありました、お客様窓口。

買った日付?場所?包装?なんて知らん!

いただき物だし、俺が文句言うのも筋違いか?

面倒な事になったら嫌なので黙って食べよう【チーズおかき】のおかき。

只でもらったものだから【泣き寝入り】にも値しないか?

皆さ~ん、ブルボンのチーズおかきには気をつけてくださいね~。
熱い場所においておくとただのおかきになってしまいますから。

なに?底にたまったチーズクリームを掬って着けて食べろって?
そんなのめんどくさいよ、うそだと思ったらやってみろ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2005

イナゴの佃煮

職場のバイク仲間(といっても今は乗っていないが)の
中村君にイナゴの佃煮を戴きました。

彼は昔、新車のGSX1100で、私の目の前で思いっきり
転倒してくれたナイスガイです、産業道路、大黒町への曲がり角。

新車のマフラーがベッコリとへこんだのに、ぜんぜんへこまない彼でした。

そんな彼も結婚して今や二児の父親さ。

奥様が信州上田の出身だそうです。
それで帰省のお土産として、私に特別に戴いたのが「イナゴの佃煮」です。

上田って良い所ですよね。
鯉の料理が美味い。

で、いただいたイナゴの佃煮ですが、美味い!
姿はそのままです、イナゴ。
山国では昔から貴重な蛋白源ですから。

蜂の子なんて、最高だね!
ご飯と一緒に混ぜご飯、美味いんですよ~。
黒スズメバチの巣を襲撃しては、蜂の子を沢山食べたものでした。

カエルの皮をむいて肉や内臓を露出させてぶら下げておきますと
どこからか黒スズメバチが飛んできて、カエルの肉を食いちぎって
巣に飛んで帰ります。

その後を追っていけば巣を見つけられる仕組みです。
子供の頃の遊びでした。


ただし、「ざざむし」ってのは食ったことありません。
あれは川に生息する生き物のようです。

私の田舎は川が遠くて、もっぱら山でした、遊び場。

閑話休題(正しい使い方)
サクサクと歯ごたえのあるイナゴの佃煮。
美味いです、美味しいです、止まりません。
甘辛く味付けされたイナゴ、絶妙な味です。

私:「今度は蜂の子も頼むよ」
中村君:「あれは高くて」

今度取り方を指南せねばなるまい、ジスガリ。
カエルの肉はかわいそうだから、鶏肉にしようか、えさ。
でも、においを発散させるにはカエルのはらわたが最高なんだけどな。

あ~、また食べたくなってきた、蜂の子ご飯。
次回、帰省したらやってみようかな、ジスガリ。

夕方、煙幕を焚いて眠らせて、巣を掘り起こす。
何段あるか?楽しみだ。

誰か一緒にやらないか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2005

山梨の朝

20050805
昨日から実家に帰省しています。
(今日はもう帰らねばなりませんが)

実家に帰ると新鮮な野菜の料理が食べられるので体に良いです。
川崎では毎日コンビニ生活な私ですから。

昨日は甲府で35℃とか、夕立みたいな集中豪雨も降ったらしい。
武川ではちょっと日が翳ってゴロゴロ鳴っただけだけれど。

小雨もぱらついたけれど、たいしたこともなくすぐ止んでしまった。

日中は北杜市内を探索(大げさな)していました。

でも暑くて、すぐ実家の裏山の滝で涼んでいました。

夕方になればもう大丈夫!涼しくなりますから。


探索を終えて、冷たいシャワーを浴びてビールを飲み始めたら

「プリンターの具合が悪いだけんど」と母が言う。

見たらもうインクがない、買い置きもない。

もっと早く言ってくれたら買ってきたのに。

まあ良いや、明日韮崎のノジマ電機まで行って買ってこよう。

新車のワゴンRでお買い物だ。

ついでに明野のひまわりを偵察してこようかな。


前回の帰省時は、川崎への帰り間際、

「電話の子機がおかしいだけんど」と言う。

見たら充電されてないじゃん!もう電池駄目だよ。

もっと早く言ってくれれば買ってきたのに。

あの時はお兄様が処置してくれた。


もうほかに不具合はないね!


8月5日は朝から甲斐駒も良く見えていい天気。

早朝は涼しくて気持ちいい。

両親も涼しいうちの草取りで早起きして働いている。


私は夏の記録を撮るべく、畑や山の写真を撮っている。

8時を過ぎるともう日差しが暑くて駄目だ、農作業。

一働きした後の朝ごはんの何と美味しいことか。


9時を過ぎる頃にはもう、山は雲に覆われてしまった。

夏の山ってこんなもんさ。

こんな健康的な生活を早くやりたいものだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »