« June 2005 | Main | August 2005 »

July 28, 2005

帰ってきた財布

fujigin
財布が警察の手に渡ったことは前回書いたとおりです。

警察から教えてもらった拾い主の住所をWEB地図で検索。

あったあった、ここだね

我がマンションからは2kmくらい離れたところだ。

警察から教えてもらった電話番号で早速連絡してみる。

私:「先日、財布を拾ってもらった者ですが............」

拾い主:「ああ、あの........」

という事で、無事連絡がついた。

何しろ、拾い主が持っている【拾得物届出証】がなければ
財布は取り戻せないのだ。

届出主の名義は2歳のお子様だが、お母様が届けてくれたのだろう。
お礼はいかほどにすべきか?
現金はほとんど抜かれて捨てられていたらしい。
カード類はもう全部無効にしてあるし。

落としたことに気がついたコンビニで何か買っていこう、御礼の品。

レジの前に山積みのお中元の品々。
お子様用に【フルーツゼリーの詰め合わせ】、1000円也を購入。
沢山入っている割に安いのは果汁50%だからだね。
もっと高いのにしたかったが、お子様用は良い物がない。

まあいっか、こんなもんで。


ピンポーン(呼び鈴)

「あの~、財布を届けてもらったものですが」

「ああ、どうも、なくされて大変だったでしょう」

「ありがとうございました、これはつまらぬものですがお礼に」

「いいんですよ、気を使わなくて」

「お子様に差し上げてください。警察からも言われていますから」

「そうですか、それでは」

「ありがとうございました、失礼します」

という訳で、無事【届出証】をGET!
その足で警察に向かい、めでたく財布を取り戻しました。

久しぶりに対面した財布は大分太っていた。
雨に濡れて革が膨らんだみたいだ。

カード類は全部あったが、現金はほとんど抜かれていたらしい。

「拾い主の方には何のお礼をされましたか?」と遺失物係のおばさん。

「フルーツゼリーのつめあわせで、1000円くらいの品物です」と私。

「一応記載する決まりですので。じゃあ、お菓子類ですね」と遺失物係のおばさん。

「はい、そのとおりです」と私。


やれやれ、これで一件落着だ。

まだキャッシュカードはみずほ銀行しか再発行していないが
これでほかのカードは再使用手続きで済むな。
クレジットカードは再発行してもらったし。

財布は手入れしてまた使おう。
革製品の手入れ用OILを塗ってみるかな。

今回の教訓

世の中 良い奴ばかりじゃない
捨てる神あれば拾う神あり
もう一度 確かめよう 懐の財布

おそまつ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2005

お年玉付年賀はがき

暑中見舞いにお返しを書かねばなりません。

もらいっぱなしっていうのは良くないよ。

自分だったらそう思います。


ここで良い案がひらめいた。

今年の年賀はがきで、まだ使ってないのに当たっちゃったのがある。

3等のふるさと小包だ。

年賀はがきで失礼かもしれないが、まあ良いでしょう。

お中元付年賀はがきと思って受け取って欲しい。


あったあった、当選はがき。

あれ、もう引き換え期間は終りなんだ、7月20日までかい。

まだ4等も何枚かあったのに。


毎年の事ですけど、引き換えずに終わっちゃう。

期限を延ばしたところで引き換えに来ない人は来ない。

早くやめたほうが被害?が少ないし(笑)。


仕方ない、でもインクジェット紙だからこれでいいや。

先日の霧ケ峰のニッコウキスゲの写真を印刷してみれば

ほら、暑中見舞いらしくなったよ。


まだいっぱいありますから、使っていない年賀はがき(困ったことだ)。

はずれはがきでも良かったらお出ししましょうか。

当たっていてももうだめですが。


たまに葉書なんかもらったら、私は嬉しい。


以前は旅先から、買った絵葉書をたくさん書いて出したものでした。

いまや旅にも出られなくなってしまった。

これも困ったことです。

話は変わって、今朝、見知らぬ人が我が家を訪ねてきた。

こんな朝から一体誰?

モニター越しに見たら、身なりのしっかりした初老の紳士風。

まあ出てやるか。


「川崎信用金庫ですが」

ついに銀行の借金取りが家まで来たか?


「先日のキャッシュカード紛失の件で............」

ああ、あのことか(ドッキリさせるなよ)

どうやら紛失したカードが出てきたらしいのだ。

警察から銀行に連絡があったそうです。

(何で私に直接連絡しないの?)


あれからもう1ヶ月以上が過ぎて、もう忘れていたのに。

とおの昔にあきらめて、「なにをいまさら」って感じ。

でもあの財布は大事な戴き物、出てきたなら嬉しい。


警察に連絡してみるか。

拾った人にはお礼をしなきゃね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2005

未成年の飲酒について

今回、ジャニーズ事務所のNEWSメンバーが未成年飲酒問題であ~だこ~だ取りざたされていますね。

我が社の我が職場でも、未成年の新入社員は新人歓迎会でたっぷり酒を飲まされています。

私たちもそうだったが、18歳を過ぎてもうすぐ成人。

未成年だって? そんなこと誰も気にしていないよ。

社会に出て働き始めたらもう一人前さ!


NEWSの彼は何歳だったのか知らないが、まさか18歳未満?

それはまずいでしょう、いくらなんでも高校生。

知らなかった?

いつも呑んでた?

菊間さんのお気に入り?

こんな事が騒がれる日本って、本当におきらくな国家だと思う。

遠いあの国では今日も人が死にゆく。

「戦争でもやらなきゃ!今の若いもんをたたきなおすには・・・・・・」

某氏が言ってたが、私も同感だ。

今の世の中、教育がなってない。

これからの世代を教育するのは私たちの世代だ。


昔通った道

またその道を通ろうというのか

歴史は繰り返す


石油もまた高騰してきた。

今度こそ、大東亜共栄圏を確保して鬼畜○○○に対抗しよう。

(日独伊路線はもうやめようぜ)


ちょっと視点がずれちゃったけど

我が職場の未成年君も先日無事成人した。

これで誰はばかることなく飲酒宴会、楽しめるな。


未成年もそうだけど、

飲酒運転で帰宅して事故でも起こされたら、飲ませたほうの責任だって大きいからね。

一緒に飲んでいたとしても、「まさか車で帰っただなんて知りませんでした」

そう言うしかないよな。

その車で送ってもらったらもう同罪さ。

そんなやつらにはかかわらないようにしていますが。


今回のNEWSのメンバーの未成年飲酒問題はどこでもありそうな話だけに気になりました。

戦争の事は、単なるわたしの戯言とお聞き流しください。

個人のベクトルを上手く使えば大きな力になるって事さ。

人生を無駄に浪費している人間のベクトルを・・・・・・・


乱れた今の世の中に喝言を呈する。

「ガキは9時には寝かせろ!」

以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2005

中央道通行止め

朝5時半、霧ケ峰に向かって勇んで出発した。

多摩沿線道路、鶴川街道、国道20号線。

調布インターは空いていた。


あれ?

CBのハンドルバーエンドのウェイトが落ちかかっている。

料金所で初めて気がついた。

手で仮締めして、石川PAまで何とかそのまま走る。

PAでネジをしっかり締めてまた走り出す。


八王子料金所を過ぎたあたりで電光掲示板のXマークが気になった。

どこかでまた事故か.................。

そのうち「大月JC~勝沼IC下り車線通行止め」の表示。

まいったな~、これじゃ20号線は大渋滞だよ。


さてどうしようか。

大月でみんな下りるだろうから大月ICも大渋滞が予想される。

料金所大渋滞の列をすり抜けて途中から割り込みするような真似は

人間として出来ない。


上野原ICで下りるか?

いや、下りた後の距離が長くて時間がかかる。

仕方ない、大月で渋滞の列に並ぼう。


大月ICで下りるためには、少し手前で河口湖線側を走らねばならない。

ああそれなのにそれなのに、まっすぐ甲府方面にいっちゃう人たち。

もしかしてもう通行止めは解除されているのか?

途中で下りるとこなんかないぞ??

事故現場の脇を通らせてもらえればラッキー!なのだが。

そんなうまい話があるのだろうか?


そんなことを考えながら、めったに利用する事のない大月IC到着です。

渋滞は少しあったけど、意外とたくさんあるんだね料金徴収ゲート。

こんなときはETCだってダメさ、その先からずっと渋滞しているんだから。

まあ我慢できる範囲で料金所通過。

その先の信号までは何の遠慮もなくすり抜けて渋滞のTOPに立つ。

国道20号線もノロノロ渋滞です。

地元の皆さんもいつもと違う雰囲気に驚いた事でしょう。

「おお、またR20にも活気が戻ってきた」などと?

それとも 「ふん!なによ、いまさら」 ってなものでしょうか?


次に心配になるのはあの笹子トンネルです。

道端には「トンネル内片側交互通行」のありがたくない看板が。

絶対渋滞間違いなしだね。

あの長くて排気ガスいっぱいのトンネルの中でじっと我慢しなきゃならないのか

そう思うと気が重いです。

旧道の笹子隋道を回ろうか?

しかし、トンネル付近の渋滞はありません。

これならいけるね、笹子トンネル。


笹子餅レストハウスで休憩していこうかと思ったけど、まだ8時前で閉まってました。

さてトンネル突入、久しぶりです、ぼろいです、トンネル内。

前を走るのは大型トラック。

おかげで前方の様子はまったくわかりません。


トンネル半ばに差し掛かって、前の車列がハザードを点け始めた。

これはやばい、後続車に突っ込まれたくない。

止まった場所は東京側から1800m、山梨側へは1200mもあるところ。

こんなところで追突事故で火災でも発生したら逃げ切れないな。

東名高速の日本坂トンネルでの悪夢が蘇る思いだ。


幸いトンネルの半ばからか、風が流れてきて山梨方向に流れていく。

排気煙に包まれてしまう事はなかった。

バイクだと逃げ場がないから死活問題なのだ。


何とか少しずつ車列は進み、やっと出口の明かりが見えてきた。

「あ~、たすかった」

トイレにも行きたかったので冷や汗ものの笹子トンネルでした。

出口の「道の駅 甲斐大和」で、やっと人心地つける私。

jiko2

その後、勝沼に向かってR20を流していると事故現場発見!

向こうの山の斜面を走る中央道の高架橋上、トラックの荷台の箱が落ちそうだよ。

あれじゃ通行は無理だね、後続車両がずらり並んでいるのも見える。

事故処理が終わるまでは待たされるな。


再度、勝沼ICから中央道に入ります。

まず通ることのない道路、下り車線への接続道路は意外とカーブが急でした。

ようやくまた本線に復帰した私はなんだか腹が減った。

そうだ、今日は中央道原SAの「ソースカツ丼」を食べよう。

*******************************************************

霧ケ峰から帰ってきてインターネットで事故情報を検索したら

通行止めが解除されたのは昼過ぎだったそうです。

缶詰にされた後続車両の皆さん、大変お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2005

ミュージカル バトン

武川のJOEさんから面白いものが来た。

一種のチェーンメールみたいなものか?

しばらく何にも書いてなかったので、この件に関して少し書こう。

まずこれを見て思い出したのが、子供の頃、知らないどこかの誰かから来たはがき。

はがきに5人(確か?)くらいの名前が書いてあって、


1番の人には絵葉書を送って

2番の人を1番にして5番目に自分の名前を書いて

新たに5人の人に同じ文面のはがきを送る


たしかそんなものだったと思う。

「送らないと不幸が訪れる」

そんなことは書いてなかったが、

どこかの国のだれそれが始めたもので、

中断すると多くの人が迷惑するから必ず送ってくれって!


さて困った。

1番目の人に絵葉書を送るのはいいが

同じ内容で5人の人にはがきを出せってか。


こんなのクラスメートに出したら何言われるかわからないもの、

結局そのときは、1番の人に絵葉書を出しておしまいにしたのだった。


だから、今回も設問に答えるにとどめようと思う。

だって5人もいないもの、ブログ友達。


それでは始めよう

1) コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

   ここで云っている(たぶん)【音楽ファイル】と言うほどのものは無い。


2) 今聞いている曲

   さくらんぼ by大塚愛ちゃん


3) 最後に買ったCD

   青春歌謡年鑑 ’78 BEST30
    キャンディーズの【微笑返し】や、中原理恵の【東京ララバイ】など、珠玉の名曲が収録されている。


4) 特別な思い入れのある5曲
   
   シェリーにくちづけ:ミッシェル・ポルナレフ

   霧の中の二人:マッシュ・マッカーン

   あかちょうちん:南こうせつとかぐや姫

   UFO:ピンクレディー

   あの日に帰りたい:新井由美

5) バトンを渡す5人

   誰もいない


こんなところかな。


S&Gは私もよく聞いたものでした。

コンドルは飛んで行く
サウンドオブサイレンス
明日に架ける橋
スカボロー・フェア

【冬の散歩道】なんてのも好きだったな。

また何か面白いのがあったら教えてくださいね~、JOEさ~ん。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »