« April 2005 | Main | June 2005 »

May 18, 2005

過労死

また会社で死者が出た。

先日の日曜日の事らしい(私は休みでいなかったが)。

亡くなったのは工場の統括マネージャー(係長クラス)だ。

事務所のトイレで死んでいたらしい。

死因は、くも膜下出血とのこと。

まだ30代前半だって!?若いのに何でまた...........


個人的な私傷病?

それとも過労死?

聞けばGWもずっと出勤してたとか。

倒れたのも日曜日の会社内、一体何があったのか。


今はただ故人の冥福を祈るのみ。

事務所の前には追悼の半旗が掲げられていた。


きっと重い責任を一人持たされて四苦八苦していたんだろうな。

そんなことは想像に難くない。

日頃見ているとわかるもの、工場の統括マネージャーの重責。


会社に殺されたんだよ。

その会社は未曾有の高収益。

今期のボーナスも過去最高を更新!

その裏にはやはり過剰な省力化もあるのでは。


社員の健康管理責任が会社にはある。

確かに健康診断などで所見のある社員はチェックされているようだ。

しかし、それらを勘案して配置転換するのには、よほどの事情が無い限り

今の体勢では対処が難しい。

代わりになる人材がいないのだから。


2007年問題。

団塊の世代の退職者が増え始めるとき。

我が職場も例外ではない。

残ったものの負担はさらに重くなる。


誰も労務管理してなかったんだろうな彼の上司たち。

さぞ無念だったろう、かわいそうに。


これは私の勝手な想像に過ぎないが、

そうであっても不思議ではない事だ。

(案外持病が悪化しただけかもしれないが)


いずれにしても、死ぬときは前向きに。


明日はわが身!身につまされる思いである。

人生を楽しく生きるための手段である仕事で

命を奪われる事の無いよう。


誰がなんと言おうと、有給休暇は残さず消化!

定時になったらさっさと帰宅。

過労死なんて、もってのほかだ。


先日久しぶりに来日したUSAのMr.kiriyamaも言ってたよ。

日本の皆さんの仕事ぶりには付き合いきれないって。

国民性なのか、勤勉、実直、責任感。

良いときは良い方向に向かうが、時にはあだになる。

Take it easy

そういうことだよ。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 10, 2005

短期帰省のこと

日曜日の朝、川崎を発って北杜市へ。

今日中にHP更新ネタ集めを完了して、明日はもう川崎に戻らねばならぬ。

天気が良いのがなによりだ。


新緑の季節の話題をひとつ作って作業は完了した。


ネット上でお友達になった皆さんともお会いしたいが時間が無い。

まあいいさ、また次の機会をねらおう。


月曜日の夕方18時、北杜市発。

甲斐駒大橋の上からしばし山を眺めてお別れのご挨拶。

山に日は沈むが、なかなか暗くなるまでには時間がかかる。


気温は22℃、バイクで風を切ると体感気温はさらに下がる。

全天候対応ジャケット(合羽)を着込んで出発だ。

牧の原の信号ではいつものように山梨ルールの右折車にひやりとさせられながら

須玉IC前のGSで給油。

須玉IC、右側のゲートをETCにすれば良いのに、まったく何を考えているのか?JH


高速のスロープを甲府盆地へと滑り込んで行けば、気温は24℃、温かい。

南アルプスの峰は夕焼けで赤く染まっている。

そんな風景をバックミラーに映しながら、夕暮れの中央高速を東へと走る。


月曜日の夕方、交通量は少ない。

甲府盆地も夕闇に閉ざされてきた。

やがて勝沼を過ぎると道路は笹子トンネルへの登りに差し掛かる。

ここからは、たそがれモードからワインディングモードに切り替えてバイクは走る。

遅いトラックを次々とぶち抜いてトンネルに突入。

トンネルを抜ければもう真っ暗闇だ。

制限速度は80km規制、その2倍以上の速度で走るキチガイドライバー。

覆面パトカーがいつ現れるかもしれないところ、気をつけねば。


やがて談合坂SAに到着。

寒くてトイレが近くなったので休憩だ。

SAも閑散とした、平日の午後8時。

いつものベンチに腰掛け、いつもの街路樹に目を移す。

秋には紅葉、晩秋には落葉。

そして今は新緑の街路樹。

幾たびか繰り返され、これからも続くあろう栄枯盛衰。

わが人生も、もう秋に差し掛かった頃。

そしてわが人生は二度と戻らない。

そんなことを考えながら一人ベンチにたたずむわたし。

温かい缶コーヒーをごっくん飲み干して、現実に向かって発進!

めくるめくバトルの先に八王子料金所の明かりが見えてきた。

結局最低気温は八王子の手前、圏央道ジャンクション付近で19度まで下がった。


八王子料金所超えればもう、気分は都会モード。

高速のナトリウム灯の連なりが道しるべのように光る。

それはまるで空港の誘導灯のように道なりにカーブしている。


♪この道は まるで滑走路 夜空に続く♪


【中央フリーウェイ】の一節が脳裏をよぎる。

ただし今回のシチュエーションは逆だ、山から下りてくるのだから。

調布ICで降りて、多摩川原橋を渡って、多摩川高速で川崎へ。


川崎の自宅には、21時到着。

実家にTELして、無事到着を知らせて安心させて。

土産にもらった 弁当ひとつ 

ビールを飲みながら、感謝しながら食べて寝た。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

財布の中身と私の歩み

先日何気なく愛用のジャングルファティーグジャケットの
ポケットをまさぐったら50円玉が1枚出てきた。

何気なく手にとって見たら昭和44年発行の50円玉。
もうこの頃には現在と同じ50円玉が使われていたのか。

私が10歳の頃だよ、昭和44年。
私が小学生の頃から流通していたのかと思うと、
なんだか不思議な感覚にとらわれた。

財布の中に歴史あり!
ジャラジャラっとテーブルの上にぶちまけたコイン。

おお!昭和64年、昭和最後のコインだ。

おお!昭和53年、私が今の会社に入社した年だ。

おお!昭和45年にはもう今の100円玉が流通していたんだ!

おお!昭和35年、私が生まれた翌年発行された1円玉発見!

やはり昭和生まれ、平成年代のコインにはあまり関心ない。
平成の世になって17年、ただ惰性で生きてきたようなものだから。

昭和は 遠く なりにけり

あの頃は良かった!


過ぎ去りし 青春時代

青春時代が夢なんて あとからほのぼの思うもの

青春時代の真ん中は 道に迷っているばかり


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2005

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 交代勤務、がん3・5倍に 大規模疫学研究で判明

リンク: Yahoo!ニュース - 共同通信 - 交代勤務、がん3・5倍に 大規模疫学研究で判明.


これはままずいんでないかい?

まあ体に良い分けないからなあ、交代勤務。

夜勤なんか最悪だし、体調管理。

寿命を削って義理と面子で続けるか

さっさと足を洗って逃げるか

それが問題だ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »