« December 2004 | Main | February 2005 »

January 29, 2005

あの人の手紙

wien
エアメールが届いた。

差出人は八王子のHさんだ!

つい先日、北京の天安門広場からの便りを

もらったばかりなのにまた海外旅行かぁ。


今度は一体どこからだろうか?

Wien?Vienna?Vienne?

切手にはNEDERLANDの文字。

スタンプにはAMSTERDUMの文字。


ネーレルランドたら、あのベネルクス三国のオランダだよ。

アムステルダム、間違いない。

ウイーンってのもオランダか?

いや、ウィーンたらオーストリアだって。


相変わらず遊び人のHさん。

「やる事もなく、時間もあるので出かけてきた」って。

お金持ちは良いなあ、どこでも行けて!

私なんかは「やる事もないけど、時間もお金もない」

そんなところかな。


笑っても一生、泣いて暮らしても一生

どうせ生きるなら、生きがいが欲しい。

(生きてて良かった!みたいな)

生きがいを見出せたあなた!

良い人生を送っていますね。


人のため、世の中に貢献できる生き方

なかなかできない事です。

次はぜひ、津波で被害を受けたあの国で

生きがいを見つけて欲しいな、Hさん。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 19, 2005

今年お初の贈り物

nomoretter
奄美大島でお会いした「ノモさん」から

沖縄のカレンダーをいただきました。


郵便封筒の中には、沖縄の銘菓「ちんすこう」や

瓶詰めの「ふりかけ」まで入っていた。


おっ、これは有村産業のフェリー「ひりゅう」のレターセットだな。

心温まるメッセージまで同封してくれてありがとう。


我が家にはまだ2005年のカレンダーがありませんでした。

今日からは、これを見ながら新しい生活が始まります。

(大げさか?)


いいねえ、この卓上カレンダー!

沖縄出身の版画家

名嘉睦稔(ナカ ボクネン)氏の作品です

沖縄の風景を題材にした版画。

南の島らしい色使いがすばらしいですね。

12枚組みセット、毎月楽しませていただきます。


沖縄銘菓「ちんすこう」

サトウキビから出来る黒糖菓子ですね(たぶん)。

沖縄の風景を思い出しながら味あわせていただきます。


「ふりかけ」は今回行った島の浜の砂でしょうか。

白い砂、かわいい巻貝。

赤い筒状のものはアクセントか?

そうだ、これは屋久島の「いなか浜」で拾ってきた

巻貝の横に飾ろう。

お返しにと思い、長崎の「ふくさや」に電話して

「特製五三焼きカステラ」を手配した。

しかし、銀行振り込み時、口座名を間違ってしまい

後日Eメールで、取引不成立を知らされた。

取引失敗でも手数料210円はしっかり取られる。

翌日、再度インターネットバンキングで振込み実行。

今度は取引成立。

ノモさん、良い物をいただきました、ありがとう。

お返しに、長崎のカステラを腹いっぱい食べてくれ。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 16, 2005

コタツパソコン

kotapaso外は雨、冷たい雨がシトシトと降っている。

部屋はTESシステムによる温水暖房システムだ。

ケチナ私は電気代とガス代惜しさに寒くても我慢!

室温は15度くらい、足が冷たい。

電気ゴタツで最弱設定なら電気代も少なくて済むか。
布団で囲われているので熱効率も良いだろう。

しかしパソコンを使うときはコタツを出なければならない。

上半身は半纏を来ているから良いが、足が冷たい。

なんとかコタツに入ったままパソコンを使いたい。


こんなとき活躍するのが初代VAIO!

液晶画面で少スペース型なので、本体は卓袱台の上に
置いても邪魔にならぬ程度。

コタツに入って座椅子に持たれてキーを打つ。
天板を手前に引くとなかなか良いポジションだ。

足も温かくて最高!でも反応が遅い。

もう6年も前の型なので仕方なし。


2台目VAIOは17インチブラウン管CRTを使っている。

これがまたでかくて、とてもコタツの上に置くような
代物ではない。

電気ゴタツに着いているファンの影響で画面も乱れるし。


これでまた、わたしのものぐさライフが一歩進化したぞ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

壁紙更新

ココログのデザインを変えてみました。

どうですか、皆さん。
「トラック野郎」なんですけど。

東映やくざ映画を見て育った?私たちの世代に
とって、懐かしい映像です。

一番星の桃次郎、菅原文太!


以前の記事の改行が変になっちゃったのは
まあ勘弁してもらおう。

本文欄が狭くなったからな。

あの映画に感化されて、日本全国に「デコトラ」が
蔓延した事も遠い昔話か。

嗚呼、昭和は遠くなりにけり


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2005

投稿草稿

社内報への投稿記事が出来ました。

夜勤の貴重な睡眠時間を削っての大作です。
「日々のリフレッシュ」という大命題にかなっているかな。
まあ、そんなことはどうでも良いことで。

頼まれたら期限を守る事が最優先です。
上司の顔を立てねば(これで成績10ポイントアップ!)

まずはごらんあれ。

******************************************
題名:「窓景無限」

今のマンションに引っ越してから早8年が経つ。

我が家は12階建てマンションの9階、ベランダからは
川崎の街や東京タワー、新宿副都心が遠望できる。

マンションの裏山の緑もお気に入りだったが、
残念ながら昨年宅地開発で消えてしまった。

しかし、朝に夕に真夜中に、ベランダから眺める
四季折々の景色は、いつも私の心をリフレッシュし、
和ませてくれる。

春夏秋冬、向かいの雑木林の木々は、居ながらにして
四季の移ろいを色濃く見せてくれる。

地平線に連なるビルの群れから太陽が昇る。
季節によって日の出のビルも変わる。

黎明の時から日の出の時までのグラディェーションが
これまたすばらしい。
漆黒が群青に、そして紅から黄金に変わってゆくのだ。

ジェットストリーム、羽田空港を離発着する飛行機。
城達也のナレーションが蘇る。

つい先日は昴(プレアデス星団)の傍らにマックホルツ彗星を
見た。「よもや川崎では見えまい」と思っていたが、ベランダから
双眼鏡で十分確認できた。

満月の夜には月光浴などとしゃれてみると、
まるで狼男になった気分だ。

夕焼け小焼けで日が暮れて、山のお寺の鐘がゴ~ンと鳴る
今の子供たちは、日の出日の入りなど見たことが無いらしい。
夜は遅くまで殺人ゲームに夢中、朝は寝床でグ~グ~グ~。

いま、情操を欠いた日本の子供たちが危ない。

************************************************

乱れた世の中に警鐘を鳴らす渾身の一撃!

蘇る日本、人生の再出発!

あれ、良いですよね、Rヤスさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2005

小笠原からの手紙

katuodori
正月気分もそろそろ消える頃、
年賀状にまざって1枚の絵葉書が来た。


絵葉書の写真には変な鳥が写っている。
なんかふざけた鳥の顔だな。
でも、なんか憎めない顔だ。
いったい何と言う鳥だろうか?

で、差出人は?
あっ、バイク仲間の森本君だよ。
小笠原の父島からかぁ、いいなぁ。

鯨を見たって!
俺なんか食べた事しかないもの。

はがきを書いたのが12月31日、
小笠原郵便局の消印が1月4日、
川崎に届いたのが1月9日。

小笠原は遠いなぁ(しみじみ)

いつの日か、俺も行って見たいものだ。
そう、定年後の楽しみにしようかな。
でもその頃はもうぼろぼろだろうから、
なんとかその前に!

そうだ、勤続30年35万円コースがあった。
1978年入社だから、2008年には満期!
そうか、あと3年か、我慢するかなもうすこし(笑)

で、絵葉書の鳥なんだけど、
どうやら「カツオドリ」らしい。

ともながせいた氏の作品でした。

森本君、ありがとう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2005

新年おめでとうございます

ganjitu
新しい年を迎えました。
朝11時まで寝ていたので、外の景色のまぶしい事!
川崎のアジトから新年の風景をお伝えします。
(写真をクリックすると拡大表示されます)

今年も1年、どちら様にもいい年でありますように。

さあ、道路の雪や氷も解けたようだし、
元気を出して会社に行こう、元日出勤。

一句浮かびました。

元日に 仕事の出来る この私 めでたくもあり めでたくも無し

おそまつ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »