« November 2004 | Main | January 2005 »

December 30, 2004

今年最後の宅配

iwatani
昨年1年間、会社の健康保険を使わなかったご褒美に
As you like なカタログギフトをもらった。

例によって欲しいものなんか何も無いんだよな。
自動電波校正の腕時計も有ったけれど、デザインがダサすぎ!
さらに、九州の電波でしか校正してくれないお粗末さだ。

それで私が選んだのが卓上カセットコンロ。
実用的で良いではないか。
先日、ちり鍋もカタログギフトでGETしたし。

なんかこのパターン、去年のジンギスカン鍋と一緒だよな。
あの時は、松ジンのジンギスカンが急に食べたくなって
インターネットで購入手配。

お店の商品の中にジンギスカン鍋もあった。
これが南部鋳鉄の立派なもの!
これも欲しくなって、2つも買っちゃったよ、なぜか。

ひとつは理事長宅に持って行って、ジンカンパーティー用に
プレゼントしました(これで我が家でやらなくてもOK)。
何しろ室内でジンカンパーティーやったら大変だもの(笑)

もうひとつは屋外でのジンカンパーティー用!
多摩川の川原でやるしかないな。
(いまだ一回も使っていませんが)


屋外でやるには強力なバーナーが必要だ。
カセットコンロで強力なやつって、何か無いかなあ?
それでまたまたインターネットで検索。

有ったよ!強力4.5KWのカセットコンロ。
料理道具屋さんなどをいろいろ検索した結果、
ヨドバシドットコムが一番安い。

それで買ったのが去年の7月。
それ以来まだ一度も出番が無い。
屋外ジンカンパーティーをやっていないのだ。

さらに困った事に、同時期に購入した松尾ジンギスカン
500g4パック、いまだ冷凍庫で永眠中。
いまさらもう食べられないよな、1年と5ヶ月。

なんでも思い立ったらすぐ揃えるんだけど、
それだけでもう満足しちゃっておしまい。

何かに取り組もうと思い立っても、参考書など一式そろったら
もう安心しちゃってやらない(いつでも始められるから)。

そんな性格の私です。
ですから家の中には、買ったまま使っていないものがゴロゴロ。
フリマでも開こうかな、我が家のお蔵入り製品。
物置部屋なんかもうひどい有様です。


で、今回新たなお蔵入りを果たしそうなのが、写真のカセットコンロ。
でもこれ、なかなか良いよ。洗いやすそうなフッ素加工天板。

カセットボンベを固定するロック機構が見当たらないよ?
説明書を見て納得、磁石式だって。
「おお!簡単!火力も結構強い、一発着火」
火入れ式で感激しました(4.5Kwのダブルカセットにはかなわぬが)
これで3.3Kwは強力だよな。

これでまた料理が楽しくなるぜ(やれば)。
でも、台所のガステーブルで作って、卓上では保温するくらいだよな。
あまり火力なんか強くなくても良いんだよね。

火力が強い=ガスの消費量が多い
って事もあるし。

それより何より、使うときがあるのか?このカセットコンロ。
これもきっとお蔵入りさ、間違いない。

何かもらわなきゃ損、そんな心構えはいけませんか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2004

引き出物

chirinabe

as yuo like

お気に召すままに

お気に召すままって言ったて、気に入ったものが無くてさ。


「まだいいや、あとでも」

そう思い続けて早1年が過ぎようとしていました。

そんな時、MさんからのEメール。

どうやらシャディーから連絡が行くらしい。

誰が何と引き換えたかって。

せっかくの引き出物引き換えだ、無駄にしてはいけない。


それで私が選んだのが「ちり鍋」です。

M君、あの時はすまなかったね、カセットコンロの調子が悪くて。

今は大丈夫!ダブルカセットの強力バーナーを買いましたから。

買ったはいいけれど、いまだ使ったためしなし。

今度川崎に来たら、これで「ふぐちり」でもやりましょうね。

という訳で、会社から帰宅したらいつもの不在連絡。

まだ時間は早いので、早速再配達をお願いした。

こないな~、こないな~と思いながらビールをがぶがぶ。

今日はもうだめか?いや、クロネコだもの来るといったら絶対来る。

それがクロネコさ。


すっかり酔いが回った21時、やっぱり来たさクロネコヤマト。

さすがだよ、宅配の鏡!


先日も午前中の再配達を依頼したのに

午後に来やがった「郵パック」とは大違い。

もう言うまい、郵パックの悪行の数々。

言うたびに腹が立つ。

まあ彼らは彼らなりに一生懸命やっているのだろうから。


民営化で少しは良くなるかな、郵政民営化。

小泉さんもひとつくらい死に花を咲かせるか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2004

実家からの贈り物

hamu

北海道のまっちゃんに引き続き、本日2件目の宅配受け取り完了。
今度は実家から伊藤ハムのお歳暮だ。
なんとも美味しそう!

(写真をクリックすると拡大表示されます)

でも、同じ品物が2つも?

生ハム800gのが2つ。

食べきれない、困った。


母がデパートであちこちにお歳暮として贈ったらしいが、

デパートのミスで、全件2倍送付されたらしい。

母がデパートに確認の電話を入れたら、デパート側のミスとして

認めたそうです。


しかし、一人暮らしで生ハム1.6kgも食えねーよな。

伊達邦彦や西城秀夫じゃないんだから(大藪晴彦ファンならわかるよね)。

まあ日持ちする?ものだからいいか。


贈った人は、どんな品物が届けられたか気になるものさ。

だからこうして写真付きで公開しています。

実家には「ココログ」を見てくれって、TELで言っておきました。


ワインとハムがそろった。

あとは野菜でも買ってきてヘルシーに食べよう。

近頃はレタスも高いって言う事らしいね。

野菜なんか買った事無いよ、コンビニ生活。


ローストビーフとアボガドのサラダ

ロースハムのピザ風ステーキ

ポテト衣のミートローフロースト

ロースハムと野菜炒めの盛り合わせ、ねぎ風味ソース

料理の構想は果てしなく広がる。


あなたの得意料理は何ですか?

ワインと生ハムでホームパーティー!

材料はそろったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

幌延からの贈り物

wine

北海道のまっちゃんに、秋の北海道での写真を

CD-ROMに焼いて贈ったらお返しが来た。

立派な箱に入った高級ワインだ、ラッキー!


ワイン好きの私には何よりの贈り物。

若い頃は一升瓶で買ってきてはゴクゴク呑んでいたものだったが、

最近はビールばかりで、久しぶりにワインを呑める、そんな気分だ。


1枚100円もしないCD-ROM。

送料のほうが高いCD-ROM。

かたや1本1500円はする新酒のワインが2本セット。

時価3000円+送料1000円として4000円。

およそ16倍の価格差。


これはまさに「わらしべ長者」状態。

でもこれがさらに何かに化けるという事はない。

化けるとしたら「水と二酸化炭素」かな。


時期的にもうすぐクリスマス!

ワインでも呑みながらメリークリスマス。

一人で2本飲んだら二日酔いだな。


待てよ? それより何より、クリスマスは夜勤だよ。

イブの夜、優雅にワインなんか呑んでいるゆとりは無いのだ。

朝帰りのぼけた頭でワインを呑んでももったいない。

正月に呑むようにとっておこう。


待てよ?大晦日も元日も、夜中まで会社だよ。

夜、優雅にワインなんか呑んでいるゆとりは無いのだ。

楽しみは後にとっておく主義ですから、私。


美味しいものは最後にいただくのさ。


まっちゃん、美味しいそうなワインをありがとう。

また来年行けるといいな、北海道。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2004

リコール

HONDAからなにやら封書が届いた。

「重要なご案内」だって?いったいなんだろう。

封筒には「配達記録」の文字が黒く塗りつぶしてある。


それを見てピンと来た!

しばらく前、郵便局の不在票があったことを思い出した。

どうせまた香典返しか何かだろうと、気にもせず忘れていた。

たしか「本田」さんからだったな。


そうか、また何かあったかな、CB1300SF。

メーカーリコールは時々あるからな。


一番やばかったのがGPX750R。

フロントブレーキホース(油圧)がこすれて破れるのだ。

まったく気にしていなかったが、リコール通知が来てバイク屋に持っていったら

破れる寸前だった。


ゼファー1100ではもう、納車のその日に大トラブル発生!

エンジンオイル点検窓が外れてオイル噴出し状態。

あれははっきり言って怖かった。

たまたま、乗り出し時に取れたからよかったけれど、

旅先だったらもう終りだったな、人生。


ところでCB1300SFのリコールは、配線がこすれて接地短絡するものらしい。

詳しくは書いてないのだ、どこがどうだめなのか。

書いてあれば、このくらい自分でやっちゃうんだけどな。


わざわざ配達記録で郵送したわけがわかったよ。

「おれは言ったからな、やらないお前が悪いんだからな!」

そう言いたいんだろう、HONDAさんよう。

でもな、直ればいいてもんじゃないんだよ。

その間乗れないんだよ。

電車賃ぐらい出せよ。


当然HPで公開しているんだろうな、不具合。

影でこそこそやろうなんておもったら、大間違いだぜ。

まあ、誠意を見せてもらおうか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »