« September 2004 | Main | November 2004 »

October 24, 2004

Windowsサービスパック2

パソコンを起動していたら、勝手にインターネットにアクセスしている。

我が家は実質50Mbpsの速度だが、かなり長時間アクセスしっぱなし。

これは新種のウィルスにでも感染したか!?と思った。


電源を切っても立ち上げるとまた勝手にアクセスし始める。

いったいこれは何なんだ??????


そのうちアイコンが表示されて、何をやっているのかやっとわかった。

Windowsの自動更新で、サービスパック2をダウンロードしているのだ。

やらなくっても良いのに、余計なお世話だぜ。


ようやく勝手なダウンロードが終わった。

その間のパソコンの反応の遅いこと、腹立たしい思いだ。

次はインストールでまた勝手にやっている。


まあ良いさ、セキュリティーが向上するなら。

でもいろいろ不具合も出らしいので、そのつど関連HPで解決せねばならぬ。

さてどこで躓くか?楽しみだ。


無料CDで配布されるって聞いてはいたが、児童更新で手に入るとは思っても居なかった。

ダイヤルアップのモデム接続だったら一週間くらいかかるかもしれない、ダウンロード。

これでは金がかかって困る。

そんな人たちのために無料CD配布。

実家のパソコンはその手でいこうかな、サービスパック2導入。


さてもう寝よう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2004

地震発生

夕方6時頃、パソコンに向かっているとゆらゆら揺れた。


我が家はマンションの9階、大地震でも来たらつぶれるかも。


揺れているとき、あの阪神大震災のときの揺れを想い出した。


ゆらゆらと周期の長いゆれ。


また来たな、再度の揺れを感じた。


「どこか遠くで大きな地震があったな!」そういう揺れなのだ。


TVを確認するとまもなく速報がきた。

新潟か、震源は海じゃないから津波の危険は少ないだろう。


震度の大きいところはフォッサマグナ、大地溝帯沿いか?

日本列島の曲がりが少しきつくなったかも知れないな。


富士火山帯が危ない!浅間山噴火はその前触れか?!。

小松左京作『日本沈没』を想い出した。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2004

タナトリル

先日の健康診断、年に2回実施される。

毎回指摘されるのが「血圧が高い」ってこと。

毎回言われて久しいが、今回は特に高かった。

上が180、下が105。


別に何も問題ないが、保健婦のおばさんが大騒ぎ。

結局また、降圧剤をもらう羽目になった。


何年か前もそんなことがあって、ポーズでもらって飲んでいたが

面倒なので辞めて久しい降圧剤。


別にいつ死んでも問題は無いが、中途半端に生きていると

問題はあり。

行くなら一気に逝ってしまいたいものだ。

マンションのローンは住宅生命保険で全部チャラ。

生命保険が親にたっぷりと。

残った財産は誰かにくれてやる。


今のうちに仲良くしておくとお得ですよ!みなさん。

昔、一時払い養老保険に入ったけど、もうすぐ満期で

また現金がドカーンと入ってくる。

今では割りの良い金融商品なんて無いからな。

堅実で割りの良い商品て、何か無いかな?

リスクを犯してまで一喜一憂するのは嫌だからね。


よーくかんがえよ~ おかねはだいじだよ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2004

カビゴン

今年の新入社員の小野君。

同じ職場の中の、焼結グループに配属された。

コーチャーは、昔からのバイク仲間の中村君だ。


そんな新入社員の小野君についたあだ名が『カビゴン』。

コーチャーの中村君が命名した。


『カネゴン』なら俺も知ってるさ、ウルトラQに出ていたもの。

いまどきの若いもんにウルトラQなんていってもしらんだろうが。


カビゴン?何だそれ?

まったくわからんが、聞くのもなんだか悪いので、まいっか。

あれから早3ヶ月が過ぎようとしている今日この頃。

インターネットでカビゴンの文字を発見!

ポケットモンスターに出てくるキャラクターなんだ!


それはいったいどんなキャラクター?

さらに検索は進む。


なるほど、これは彼にぴったりなあだ名だな。

さすがお子ちゃまにTVを独占されている?中村君。

アニメ関係にも詳しいわけだ。

マンガや子供向け番組など一切見ない私には想像もつかなかった。


改めて、インターネット上の情報活用の有効性を痛感した。

聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥、聞かなくても自分で検索インターネット。

あなたは『カビゴン』を知っていますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2004

運動会の飲酒

今日の読売新聞夕刊に、「運動会の飲酒」というお題があった。

はるか昔のことで、あまり記憶に定かではないが、居た記憶はない。

そういう場で飲酒して他人に迷惑を掛けることで「社会的な話題」へと発展する。

昔はそんな余裕なかったよ(たぶん)。

あったとしても、目立たなかったのだろう。

今や少子化!

一億総神経質!

希薄な人間関係!

さまざまな要因がかさなって顕在化した問題だな。

子供も居ない私は運動会にも行けないが、行ったらビールくらいのみたいよ。

わが子の成長を見守りながら一杯呑んだって良いだろうが。

教育の場で不謹慎だって?

運動会は地域のお祭りのようなもの。

そんな場所で飲酒してトラブルを起こす。

それで、くさいにおいは元から断つってことだな。

今の教育に携わるやつらもそうだが、子供の親もかなり逝っちゃってるね。

それを容認できない社会もかなり病んでいる。

昼休み時間は親と一緒に昼ごはん。

お母様の作ってくれたいなりずしや巻き寿司、とっても楽しみだった。

今では、親が出席できない子供たちに配慮して、全員親と別にクラスで昼食。

子供に辛い思いをさせたくないってのはよくわかる。

それがどういう結果になるか、それはわからない。

人は 悲しみが 多いほど 人には 優しく 出来る

一人でも多く、人の心の痛みを感じられる人間が育ってほしい。

温室栽培の人間は弱いのだ。

だれだれのお父さんが運動会で飲んでた、などと子供がいじめられる、
そんな、ゆがんだ社会にはなってほしくない。

私には子供は居ないけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »