« June 2004 | Main | August 2004 »

July 31, 2004

302会議室の怪

私の勤めている会社は東京湾の中の離れ小島です。

離れ小島と言っても、海底トンネルで陸地とつながっているから
鳥も通わぬ離れ小島と言うわけではありません。

自家用車を持たない私は、毎日そこを社内バスに乗って通勤しています。


時々、仕事が遅くなって、社内バスの最終便(22時35分)に乗れないときは
仕方ないので事務所3階にある会議室で、朝まで仮眠することになります。

会社の機械のメンテナンスをやっているので、結構汚れる仕事で、
事務所には大浴場があります。


もうすっかり深夜、午前2時過ぎ、やっと機械の修理が終わって、
「仕方ない、風呂にでも入って朝まで仮眠しよう」と思い大浴場へ。

普段は照明が点灯しているのですが、誰かが省エネで消灯したのか、浴室は真っ暗でした。

照明スイッチの場所など知らない私は、とにかく体の汚れをきれいにしたくて、
真っ暗な中だけれども、どこに何があるかわかっているので浴室に入りました。

窓から差込む街灯の明かりで、だんだん暗闇に目が慣れてきた頃。

「ガラガラ!」

っと浴室の引き戸が開くような音。

湯煙と暗いのとで、はっきりはわかりませんが誰か入ってきたみたい。

「おかしいなあ、いまどき誰もいないはずだけど?」


浴室は結構広く、私が使っている湯船の隣の湯船の方にいるような気配。

「きっと終バスに乗り遅れて、会社に泊まっているんだな」

そう思って、そのときは気にもせず、入浴していました。


そして浴室を出て、脱衣場で服を着て「さて寝るか!」と思ったとき。


「あれっ?」

下駄箱には私のスリッパしかない。

まさか裸足で来る人はいないよ。

「あの人は?」


浴室を見ると、隣の浴槽には誰もいなかった。


洗い場を見渡したが、それらしき人影もなし。


思わず、ゾーッと冷や水をかけられたような悪寒が全身を走った。


「疲れていたから、誰かきたと思っただけ、勘違いさ」

そう思うことにして浴室から逃げるように飛び出した私。


でも、その夜はそれだけでは終わらなかった。

3階の会議室で、椅子を並べて簡易ベッドを作り、仮眠の体勢に入る私。

布団があるわけではないので、冬用防寒着を上半身に掛けて眠る。


しばらくうとうとしていたが、寒さで目が覚めた。

すると、

「ギシッ! ギシッ!」と、誰かが会議テーブルの上に乗って歩いているような音がしている。

先ほどの浴室の件もあって、かなりびびる私。

もう怖くて怖くて、防寒着を頭からかぶったまま寝た振りするしかない。


そのうち寝てしまったらしく、次に目が覚めたときにはもう外は明るくなっていた。

「助かった~」


こうして恐怖の一夜が明けていったのでした.


わが社では毎年、事故で亡くなる方が後を絶ちません。

そんな、会社で不慮の死を遂げた方が、いまだ現世をさまよっているのでしょうか。

労働災害で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 30, 2004

トラックバック

ココログのトラックバックが入っていた。
何かと思ったら、トラックバック野郎の佳作だって。

お題は結婚披露宴のエピソードってやつだったな。
まあいろいろあったけれど、楽しかったからOK!

何かが起きる、結婚披露宴。
あれもこれも、いい想い出さ!出席者。

あの時いただいた引き出物カタログ。
まだ引き換えていないんだよね。
12月までまだ時間はたっぷりあるから。

でも、忘れちゃいそう。
さて、何にしようかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2004

社内バス危機一髪

19時00分の社内バスにて帰宅途中、扇島東西1号線に入ったところでバスに異変発生!

なにやらファンベルトのスリップするような音。
やがてモクモクと煙が車窓の外に見えたと思ったら車内にも異臭が!

最後尾座席に座っている私はすぐ気がついたが、最前部の運転手には気がつかない。
乗客は3名、煙が車内に充満してきて運転手もようやく気がついたようだ。

路肩にバスを停車させてエンジンストップ。

どうやらベルト駆動のプーリー軸がロックしてベルトが摩擦で焼ききれたようだ。

ベルトがスリップするのはよくあることだ。
私が会社で乗っている車も、エアコンのコンプレッサーが回りだすと鶴が鳴きだすもの。
そのうち擦り切れたら交換するかななどと思っています。

おかげで次のバスが来るまで20分ほど待たされた。

3人の乗客中の一人が俺だ。
その中に、社内バスの整備をやっているらしい奴がいて、
運ちゃんがお客を何とかしようとしているのに、「いいから、大丈夫だから」などとほざいている。

あんたはよくても、俺達はよくねえんだよ。
関係者ならこんなとき、自分の都合でなく、お客さんの都合を考えろよ。

こんなとき、私はあわてず騒がず、ただ成り行きを見守るのみ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2004

携帯電話

今回のツーリングでは携帯電話の必要性を痛感しました。

奥飛騨温泉郷 栃尾温泉「おき乃」旅館集合。

15時に宿に入ったらいきなり、「お連れの方が事故で来られないそうです」だって。
誰だろう?じこるなんて一体どうしたことか?

まあいいや、会長に電話してみよう。
宿の公衆電話、携帯電話にはかからない仕組みでした。
宿の電話も借りて電話してみたけれど、まったくつながらない。

一体どうなっているのか?奥飛騨の電話事情。
仕方なく雨の中、公衆電話にかけに行ったよ、バイクを飛ばして。

ようやく繋がったと思ったら、なんと本人がじこったんだって。
「今、レントゲン撮影待ち」だそうです。

その後宿に戻ったら、今度は理事長から電話があったって。
理事長の携帯電話にかけるにも、またさっきの公衆電話BOXまでバイクで行かねばならぬ、雨の中。

さて、理事長の携帯に電話!
あれ?繋がらないよ。
電話口からは、「ただいまお客様の都合でつなげません」だってさ!
一体どうなっているのか?

仕方ない、こうなったら宿にかかってきたのを回してもらうしかないな。

それで何とか連絡は取れてひと段落。

理事長も無事宿にたどり着けた。
荒木さんは夜中になるって、到着時間。
会長の緊急手術の立会いを要請されたそうです。

夜中までまだ時間有るし、一眠りするかぁ。
そう思って寝てしまったのがウンのつき。

2人ともすっかり暴酔して暴睡してしまった。

夜中の奥飛騨なんて、宿を見つけるのも至難の業ですから。
何とか話のできる人にあたって、命からがらたどり着いたそうです。
そうとはしらず、わるいことしてしまったよ、まったく。

現地集合の旅。
事前にどれだけ準備できるかで、旅の不安も解消さ。
住所と電話番号だけ知らせて、後は勝手に来てねって。

何か間違っていますか?私流の旅。
最後の最後に旅立つのは一人きり。
今から慣れておかなくっちゃねぇ。

すべては自己責任で完結します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2004

日曜の夜

夕方19時、夜勤で会社への出勤途上。

いつもは朝の6時前に通る通勤ルートも、日曜の夜通ったらまったく様子が違いました。

焼肉屋さんの店先のベンチには、順番待ちの家族連れの列。
コンビニでは、若者のグループが宴会の準備のお買い物。
道を歩くカップルもこれからどこかお楽しみ!

そんな風景を眺めながら会社に向かう私。

そうか、この街もこんなに活気があるんだね。
朝早く、夜遅くしか目にしない街の風景。

時が変われば、様子も変わる。

平日の昼の時間帯。
マンションの中はずいぶん静かだ。
隣の奥様の、子供を怒鳴り散らす声など一言も聞こえない。
マンションの廊下で遊ぶ子供もいない。

土日はやはりみんな浮かれているんだね。
お父さんもたまの休日で家族水入らず。

今回一緒に夜勤をやっているS先輩のマンションは
わがマンションの2倍は高級だ!

で、S先輩はそこのマンションの管理組合の理事長。
住民からいろいろ苦情が来るらしい「何とかしてくれ!」って。

静かに余生を過ごしたいのに、隣近所のガキどもがうるさいって!
そもそもマンションに住むならそのくらい予想できるはず、共同住宅。

嫌ならどこか人のいないところへ引っ越せばいい。

でも、その方々の気持ちもわかるよ。
高い金払って高級マンション買ったんだから。

いまさらどうにもならん。

判断ミスと、あきらめるしかないな。

そう、被害者意識を捨てて、加害者になるくらいがちょうどいいかも。
うるさい子供は全部処分してくれ!

そしたら静かに暮らせるさ、塀の中で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2004

公衆道徳

世の中 馬鹿が多くて 困ります。

昨日は帰宅時、前を行くトラックから、中央分離帯に向かってペットボトル。

今朝は、前を行くクラウンから、タバコの包装、銀紙。

まったくこんな奴らと同じ空気を吸っているのかと思うと嫌になる。


一体どんな育ち方をしてきたのか?

一体何に不満があるというのか?

一体罪悪感は感じないのか?


まあいいさ、「天網恢恢疎にしてもらさず」
見ていないようで、実はしっかりノートに付けられているんだよ、お前らの所業。

「死後 裁きに会う」

って、道端の黒い看板に書いてあるもの。

「神の国は 近づいた」

ってのも有ったなあ。

あの看板、一体誰が作ったのか?

キリスト教関係であることは明白だね。

犯人は あやしい神父だ!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2004

君はGS400を知っているか

帰宅時、前を行く軽トラの荷台にバイクが積んであった。

バイク生活もそろそろ30年!知らないバイクは知らない。

で、だんだん近づくにつれ、古いバイクであることがわかってきた。


何でそう思ったかって?

ウインカーステーが長いんだもの。

ウインカーレンズがでかいんだもの。


それはすぐにわかったよ、SUZUKI GS400!懐かしいバイクだ。

懐かしいって言っても、俺達の後輩の世代のバイクだが。


俺達の世代は、SUZUKIといえばGT380だぜ。

空冷3祈祷 ラムエアーシステム ギヤポジションインジケーター


俺達の世代って言うといつのことかって?

もちろん高校生の頃さ。


当時、交通違反切符を切られては、何回も親子ともども学校に呼び出されて.........。

学校と警察は繋がっていたのだ、山梨県警と甲府工業。

お父さんお母さん、当時はすまん!

未熟でした、私。


でも、楽しかった高校時代。

北海道ツーリングにも行っちゃったし。

閑話休題

君はGS400を知っているか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2004

MP3

職場の年寄り、Mさんが聞いてきた。

「MP3ってなに?」

「どうしたんですか?そんなこと聞いたりして」

「息子が買いたいって言うから、電機屋に行ったんだけど、わからず帰ってきた」

「息子さんはなにがしたいのかなあ?」

「それが判らんのだよ」

「MP3って言うのは、データの圧縮形式のひとつなんですよね」
「たぶん息子さんはMP3プレーヤーが欲しかったのでは?」
「あるいはMP3圧縮ソフトが欲しかったのか?」

「ここまで何とかやってきたけど、もう付いていけないな」

「なに、難しいことは知らなくてもTVは見れるでしょ!」
「それと同じですよ」

「そうか!スイッチ入れてCHを選ぶだけでいいんだな!」

「そうそう、その調子で行きましょう」

案ずるより 産むが 易し

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2004

家庭内LAN

ADSLではさすがにNTT東日本純正のルーターだったから設定も簡単だった。

Bフレッツマンションタイプになってから、2台のパソコン同士、
共有ファイルでのデータのやり取りは出来ることは出来たのだが、
ネットワークコンピューターを開いても相手のパソコンの表示が出ない。

認識されないってことはどういうこと?
LAN設定の本を見てもなかなかわからない。
仕組みを理解していないので、訳もわからずあれこれやっている。

特に今回買ったバッファローのブロードバンドルーターは、説明が簡単で
素人の私にはよく理解できないところがある。

あーあ、いいかげん嫌になってきた。
後はsouちゃんにお願いしようかなぁ。

待てよ、IPアドレスが、ルーターが1で、1台目のパソコンが2、2台目のパソコンは30だよ。
でも、ここは何だって良いんだよね、重複しないで、0 や 255 でなければ。

そう思ってルーターのセットアップ画面をもう一回確認。

接続台数設定:16台

デフォルト値は16台まで、30番じゃだめじゃん!?。
もしかして 30 を 3 にしたらどうなんだろう。
早速2台目のパソコンのIPアドレスを修正。

再起動したら見事に表示されました、ネットワークに繋がっている全パソコン(たった2台だけど)。

前回ADSLでセットアップしたときは、ファイアーウォールに気が付かずてこずったが、
今回もやってくれるね、ネットワーク設定。

これでようやく環境は整ったな!Bフレッツ。
マルチセッションも完璧のペキ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Bフレッツその後

今度のBフレッツマンションタイプはPPP接続セッション数が2つある。

この前買ってきたブロードバンドルーターはまだプロバイダーとしか繋がらない。

今日はお休みなので、早起きしてマルチ接続に挑戦だ。

(といっても、ルーターに付属されたCD-ROMのPDFファイルでやり方を見ればOKさ)

ルーターの設定画面で、接続先を追加するだけなんですけど。

「挑戦」なんていうほどのものじゃないんですけど。

接続先IPアドレスを12個も打ち込むのは、寝起きの私には辛かったが
何とか間違いなく打ち込んだよ。

寝る前より、朝起きたときのほうが、アイディアが思いつくし間違いも少ない。

やはり俺は朝型人間だな、夜更かしは辛いもの、ねむくて。

会社で仕事が遅くなったときなど、夜遊び型のTくんなどはタフだね!

昼間はボーっとしているが(笑)

30分くらい、マニュアルと格闘して設定完了。
早速、速度測定など、フレッツのサービスをやってみた。

朝8時、ダウンロード時間は60Mbpsまで行ったよ、速い!
高画質での映画配信サービスもGoodでした。

中国の少林寺物の映画を少し見たけど、相変わらずワンパターンのストーリーだね。
鍛えられた拳法や剣法の技は面白いが。

PPPoEマルチセッション、なかなか便利なものだ。
ひとつの回線で2つの接続。

難しいことは判らんけど、便利なのがすばらしい。
パソコンがまた一歩、家電に近づいた気がします。

70を越えた実家の母だって、バリバリ活用してますもの、パソコン。
たまに専門用語をしゃべるからこっちも驚くよ!

好きこそ ものの 上手なれ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2004

飛び出せ青春

青い三角定規の「太陽がくれた季節」のテーマソング。
今聞いても良いねえ、なつかしい。

きみは なにを今 見つめているの

わかい 悲しみに 濡れたひとみで

青春は 太陽が くれた キセル

あのイントロが聞こえると、思わずジンと来るな。

「じゃじゃじゃじゃんじゃん じゃんじゃ~ん」


そう、中村雅俊じゃなくって、村野武範だったね、片桐君。
ぺぺもいたよな、たしか。

もう一度見てみたい、あの頃の青春ドラマ。

森田健作の「男シリーズ」なんかもいいなあ、ねえ吉川君。

昔はよかったなんて言う俺は、もう棺おけに片足突っ込んでるぜ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »